• ポイントキャンペーン

楊家将〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569632902
  • NDC分類 913.6

内容説明

中国で『三国志』と人気を二分する『楊家将』。あまりのスケールに誰も手をつけられなかった物語が、新たなる命を吹き込まれ、いま動き始める!建国の苦悩の中にある宋国を懸命に支える楊一族の熱き闘い。北方『楊家将』衝撃の登場。

著者紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947年(昭和22年)、佐賀県唐津市生まれ。作家。1970年(昭和45年)、『明るい街へ』でデビュー。1981年(昭和56年)、『弔鐘はるかなり』で一躍脚光を浴び、1983年(昭和58年)、『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞を受賞。1989年(平成元年)に『武王の門』で歴史小説の分野にも進出。1991年(平成3年)、若き北畠顕家を描いた『破軍の星』で、柴田錬三郎賞を受賞。以後、『悪党の裔』『三国志』(全13巻)『杖下に死す』などを発表

出版社内容情報

本邦初の物語に北方謙三が叩きつけた挑戦状。

なぜ今まで誰も手を染めなかったのだろう…『三国志』『水滸伝』と並ぶ中国の一大叙事詩『楊家将』が、最高の語り手を得て現代に甦る。

中国では、『三国志』と人気を二分する『楊家将』。五世代にわたる壮大なスケールゆえに、日本では誰も手をつけられなかった物語が、北方謙三という作家により新たなる命を吹き込まれ、いま動き始めた。

▼この物語の存在を知ったとき、伝説の英雄・楊業が自分に語りかけるのを感じたという北方が、乗りに乗って書いた物語。

▼舞台は十世紀末の中国。小国乱立の時代は終わりを告げ、中原に残るは北漢と新興の宋のみになっていた。楊家は北漢の軍閥だったが、宋に帰順。やがて北漢は滅び、宋が中原を制する。

▼北から虎視眈々と中原を狙うのは遼。強力な騎馬軍団を擁するこの国は、宋の一部であった燕雲十六州を奪い取り、幼い帝を支える蕭太后の命によってさらに南に進出しようと機を窺っていた。奪われた地を取り戻すことは帝の悲願――。建国の苦悩の中にある宋国で、北辺を守る楊業と七人の息子たちの熱き闘いが始まった。原作をも凌駕する北方『楊家将』衝撃の登場!

●第1章 いま時が 
●第2章 北辺にわれあり 
●第3章 白き狼 
●第4章 都の空 
●第5章 遠き砂塵 
●第6章 両雄