柳生宗矩の人生訓―徳川三代を支えた剣豪、「抜群の智力」とは?

電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

柳生宗矩の人生訓―徳川三代を支えた剣豪、「抜群の智力」とは?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569632544
  • NDC分類 289.1

内容説明

一匹狼・宮本武蔵VS組織でのし上がった柳生宗矩。現代ビジネスマンに贈る「激変の時代」を勝ち抜いた男の智恵と生き方のヒント。

目次

序章 今なぜ柳生宗矩なのか
第1章 イチかバチかの大いなる賭け
第2章 転機となった関ケ原合戦
第3章 地盤と看板を手に入れる
第4章 秀忠・家光時代の生き延び方
終章 大名への道

著者紹介

童門冬二[ドウモンフユジ]
本名、太田久行。1927年(昭和2年)、東京生まれ。東京都立大学事務長、東京都広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任。1979年(昭和54年)、美濃部知事の引退とともに都庁を去り、作家活動に専念。在職中に培った人間管理と組織の実学を、歴史と重ね合わせ、小説、ノンフィクションの世界に新境地を拓く。第43回芥川賞候補。日本文芸家協会ならびに日本推理作家協会会員。1999年(平成11年)、勲三等瑞宝章を受章

出版社内容情報

剣豪の顔だけでない参謀柳生宗矩という男とは。

NHK大河ドラマ「宮本武蔵」のクライマックスで大注目される男。剣豪であり、将軍の名参謀を務めた柳生宗矩の人間性と生き方に迫る。

徳川幕藩体制に組み込まれることなく、一匹狼として生きた宮本武蔵に対し、新体制のなかで柳生新陰流を生かす道を見出し、惣目付の役職を得、大名にまでなった柳生宗矩。本年の大河ドラマ「武蔵」後半最大の山場は、この武蔵と宗矩の対決である。戦いの結果がどうなるかはドラマに譲るとして、武蔵のように孤高狷介な道を歩むより、宗矩のように組織と折り合いをつけながら自己実現することこそ、多くのサラリーマンが望むところではないだろうか。

▼本書は、そんな組織人に贈る生き方指南の書である。組織の中に身を置きながらも「やりたいこと」を貫く方法は必ずある、という著者の願いが、柳生宗矩の生き方から様々な教訓を導き出した。「チャンスは自分でつくり出せ」「不遇時の支持者には恩を返す」「トップの信頼は皆におすそ分けする」等の言葉に目を開かれつつ、現代にも似た「激変の時代」を生き抜いた柳生宗矩の人生をも追体験。欲張りな読者にうってつけの書。

●序章 今なぜ柳生宗矩なのか 
●第1章 イチかバチかの大いなる賭け 
●第2章 転機となった関ケ原合戦 
●第3章 地盤と看板を手に入れる 
●第4章 秀忠・家光時代の生き延び方 
●終章 大名への道