日本人のための「論理学」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569624952
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0034

出版社内容情報

日本人は論理的思考が苦手であるというのは大きな間違い。日本と欧米との比較文化論を通して、論理思考の真髄に迫る画期的論考。

いまロジカルシンキング(論理的思考)に注目が集まっているのは大変結構なことである。しかし、ちょっと待て、と著者はいう。その裏には「日本人は論理ベタ」「日本語は非論理的」という思想がありはしないか。だから欧米の論理に学ぼうとしているのではないかと。

▼もしそうだとしたら、それはとんだ本末転倒である。日本語は優れて論理的な言語であり、それを証明することが本書の大きな目的の一つである。ために著者は、歴史・哲学・時事問題など、あらゆる素材を動員しながら、比較文化論的な視点から論理を考察している。その意味で本書は興趣尽きない日本人論ともなっている。

▼哲学という、論理と日々格闘する学問に関わる著者なればこそ、論理の本質を的確にとらえ、日本人が「論理」というものを大きく誤解をしていることを指摘する。

▼「論理」とはそもそも何か。「論理的に考える」とはどういうことか。本書を読むことで明らかになるはずである。

●第1章 日本人は論理的思考が苦手という迷信 
●第2章 論理的思考に最適だった日本の環境<中国と西欧の間> 
●第3章 古い思考法と新しい思考法 
●第4章 論理とは「比較」にあり 
●第5章 情報と論理 
●第6章 「反論理的思考」のすすめ

内容説明

日本語は“世界最強”の言語である。論理的に考えるアタマをつくるための入門書。

目次

第1章 日本人は論理的思考が苦手という迷信
第2章 論理的思考に最適だった日本の環境―中国と西欧の間
第3章 古い思考法と新しい思考法
第4章 論理とは「比較」にあり
第5章 情報と論理
第6章 「反論理的思考」のすすめ

著者等紹介

鷲田小弥太[ワシダコヤタ]
1942年、札幌市生まれ。大阪大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程修了。三重短期大学教授を経て、現在、札幌大学教授。専攻は哲学、倫理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

1
日本語、日本人は論理には弱いと言われているが、本当か?そもそも論理とは何かを問う。かつて哲学はドイツ語以外では学べなかったが、日本人は哲学を日本語に訳した。日本語は、あらゆる言語を単語レベルで取り入れ、さらに独自に進化させる不思議な言語。この独自性は日本語のみ。常識には、論理性は無い。言行一致にも論理性は無い。常識を超えた思考から、新たなモノが生まれる、、、らしいです。鷲田小彌太先生はイグアナに違いない。知らんけど(=゚ω゚)ノ2013/07/07

シュラフ

0
鷲田先生は書いてあることがなかなかキレ味よくて最近はまっている。題名は小難しそうであるが、わりと平易に読めた本であった。エッセイ感覚で読んでみて面白かった部分を抜き出すと、「人間は多種・多様な存在。一人の男をとっても、息子・兄弟・父、部下・上司、売り手・買い手、様々な役割分担がある。これが人の人たる所以。特定の役割に固まると病理の対象となる」、「人間は、比較という「尺度」を唯一の価値基準とする存在である」。成程と思う部分があり、物事を説明する際にはそのまま使えそうな考え方である。2012/12/31

たかボー

0
題に騙された。「日本人のための『論理学』」というより「日本人における『論理学』」だし、「論理」というより「理論」の話。期待していた「論理学」については学ぶこと能わず、常識に囚われるなというよくあることが何度も書かれていただけ。「日本は言語や学術、技術を日本風に純化させていき、あっという間に『自足』状態にしてしまう」と書かれているように、他国の言葉をカタカナ語にして吸収する幅広さが日本語にはあるのだから、論理的思考に適さない言語だというのは眉唾ものかもしれん。今読んだばかりなのに本の内容が全く思い出せない。2018/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2173265
  • ご注意事項