すぐに役立つ、とっておきの考え方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569616735
  • NDC分類 159
  • Cコード C0098

内容説明

本書は、自尊心についてと、それを高めるための方法を紹介している。

目次

第1部 自尊心(自尊心とは何か;私たちの自尊心が乏しいのはなぜか;変化を起こすこと)
第2部 自尊心に影響を及ぼすさまざまな考え方(自分を受け入れる;他人に認められる必要はない;精神的苦痛から逃れる方法;忌まわしい過去と決別する;過ちを犯してもかまわない ほか)

著者等紹介

ミンチントン,ジェリー[ミンチントン,ジェリー][Minchinton,Jerry]
著述家。心理学と自己啓発の分野だけでなく、東洋の哲学と宗教にも造詣が深い。文学士と芸術学修士号を取得し、博士課程で教育学を学ぶ。その後、事業を起こし、最高経営責任者として成功を収め、引退。現在はミズーリ州で自己啓発の研究に専念する。全米自尊心協議会(NCSE)の会員

弓場隆[ユミバタカシ]
翻訳家。主な訳書に『うまくいっている人の考え方』(ディスカヴァー21)、『あなたの夢が現実になる小さな100のステップ』(PHP研究所)、『リーダーシップ、人間力の鉄則』(ダイヤモンド社)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

マイナスの気分のときこそ自分を見つめよう。

マイナスの気分のときこそ、自分を見つめよう。考え方次第ですべては、プラスに変わる! 『うまくいっている人の考え方』の著者第2弾!

ベストセラーとなった『うまくいっている人の考え方』に続く第二弾!

▼本書を最初から最後まで読み、基本的なコンセプトに慣れ、もう一度、朝、起きたときに毎日少しずつ読む。一日10ページの読書でマイナスの習慣がプラスの習慣に変わる一冊!

▼本書の内容を挙げると◎他人に認められる必要はない◎感情のコントロールはだれにでもできる◎私たちは記憶の使い方を間違えている◎過ちを犯してもかまわない◎完全主義はなぜ損をするのか◎他人に心理操作されないための方法◎忌まわしい過去と決別する◎他人を助けることは、私たちの自尊心を損なう恐れがある◎私たちは人に好かれることを過大評価している等など。

▼本文中には、まず間違った考え方を提示し、そのことに対してエピソードを交えて解説を行い、最後に正しい考え方を提示する方法を取っていて非常に読みやすく、読者も自分の考え方と照らし合わせ思わずうなずきながら読める。誰にもお奨めの一冊!

[第1部]自尊心 
●第1章 自尊心とは何か 
●第2章 私たちの自尊心が乏しいのはなぜか 
●第3章 変化を起こすこと 
[第2部]自尊心に影響を及ぼすさまざまな考え方 
●第4章 自分を受け入れる 
●第5章 他人に認められる必要はない 
●第6章 精神的苦痛から逃れる方法 
●第7章 忌まわしい過去と決別する 
●第8章 過ちを犯してもかまわない 
●第9章 罪悪感に浸っても何の役にも立たない 
●第10章 他人を変えることよりも大切なことがある 
●第11章 競争ははたして有益か 
●第12章 安全主義者はなぜ損をするのか 
●第13章 他人に心理操作されないための方法 
●第14章 言葉の罠にはまらないための基礎知識 
●第15章 悪習を断ち切るにはどうすればいいか 
●第16章 非現実的な期待を抱かずに生きる方法 
●第17章 否定的な態度を改める 
●第18章 自分の人生に責任を持つ 
●第19章 他人を見上げることの落とし穴 
●第20章 宗教的信念 
●第21章 自らを助けることのできる人を助ける必要はない