ゼロからの出発 Re‐Boot!―日本のエスタブリッシュメントはなぜ崩壊したか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569613697
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

出版社内容情報

IT、行政、外交、教育など、21世紀の日本が乗り越えるべき課題は多い。歯に衣着せぬ著者の大胆な政策提言と裏付けとなる資料を満載。

「二十一世紀の日本の行く末を考えたときに、私の頭に真っ先に浮かんできたキーワードが、この『Re‐Boot』であった」と、著者の大前研一氏は冒頭でこう記している。つまり、国や行政、企業、個人などあらゆる場面で、ゼロベースから制度やシステムを構築しなおし、発想を切り替えるべきだということだ。

▼特に本書では、経営、情報、行政、外交、教育の五分野について、Re‐Bootする必要性が、実証的なデータとともに論じられている。そして、ゼロからの出発はいまから始めて2005年を目処にシステムの再構築を目指すべきだと説かれている。

▼新しい時代の潮流は、ある日突然ガラリと変わるのではなく、五年、十年もの長い年月をかけて徐々に芽を出すものである。その意味では、序論でふれられている「二十一世紀の日本が生まれ変わる十のイメージ」を読むだけでも、次代に生き残るためのヒントがつかめるはずである。

●はじめに(序論) なぜ、いま「Re-Boot」なのか 
●第1章(経営) ドットコム企業の明日を読む 
●第2章(情報) 日本でITが進まないほんとうの理由 
●第3章(行政) よい公共事業・悪い公共事業 
●第4章(外交) 戦略なき外交が日本を滅ぼす 
●第5章(教育) オールクリアにしてゼロから発想せよ

内容説明

日本がもう一度「輝き」を取り戻すために、すべての既成概念を見直せ。

目次

はじめに 序論―なぜ、いま「Re‐Boot」なのか
第1章 経営―ドットコム企業の明日を読む
第2章 情報―日本でITが進まないほんとうの理由
第3章 行政―よい公共事業悪い公共事業
第4章 外交―戦略なき外交が日本を滅ぼす
第5章 教育―オールクリアにしてゼロから発想せよ