デザインの現場book<br> 文字のつくりかた―“伝わる”文字はどうやって生まれるの?

個数:

デザインの現場book
文字のつくりかた―“伝わる”文字はどうやって生まれるの?

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月19日 06時21分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 105p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784568505665
  • NDC分類 727.8
  • Cコード C2070

内容説明

アートディレクターが明かす!オリジナルの文字、ロゴづくりの秘訣とは?

目次

1 「文字づくりって何?」その大切さと考え方の「基本」(巻頭ロングインタビュー 佐藤卓、文字を語る。明快な発信力を持つデザインの裏側;美しき資生堂書体(資生堂書体、その源流をたどる;1年生デザイナーの書体レッスン;資生堂書体作品ギャラリー))
2 オリンピックのロゴから、CI、ブックデザインまで文字づくりの「実践」(超実践!オリンピックのロゴをつくる!!(佐野研二郎・北川一成・池田亨史)
デザインフォーラム2020―2020年のために今、できること
60’sデザインストーリー 世界デザイン会議から東京五輪シンボル・マーク決定まで
ロゴのつくりかた「ほうとう不動」
対談 祖父江慎×佐藤可士和―文字における「超整理系」と「だいたい系」
図説 世界の文字
文字のつくりかた講座)
3 街で見かけた文字から、書体開発など文字づくりのヒントになる「応用」(“のらもじ”発見プロジェクト;デザイナーに聞く!文字づくり実例集―パッケージ・ブックデザイン;新書体“凸版文久体”の誕生;ロンドン・ヒースロー空港―ターミナル5のサイン計画)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽけっとももんが

7
つい先日、デザインを勉強していた友達から「おいしい牛乳」のロゴはそのためにわざわざ作られたもので、おいしく感じるようにいろいろ工夫され、考え抜かれた書体なのだよ、という話を聞いたのだ。たまたま図書館で見つけたこの本で、まさにそのデザインをした佐藤卓氏が文字デザインについて語っていた。わたしはデザインの才能はないけれども、ことに文字のデザインというものがとにかく好きなのだ。「世界の文字」も紹介されています。文字の系統図も面白い。わたしはことにモンゴルの文字が好き。こういう研究って楽しそうだなぁ。2017/02/14

海(カイ)

5
【図書館】筆ペンで描くアートをやりたくて、参考にするために借りてきた。文字って街中にあふれているんだね。2023/04/21

ココアにんにく

2
フォントって面白いです。街中の看板や商品にもいろんなフォントが使われて、イメージの一端を担っている。というか、商品イメージUPになっていることが多いと感じました。資生堂の手書きには驚きました。東京オリンピックのエンブレム問題の佐野さんも出ていた。日本語だけでなくいろんな国の文字も興味深い。2018/01/06

まちゃん

0
幅が広くて良かった。資生堂書体、世界の文字とその歴史、文字のつくりかた講座和文編欧文編筆文字編、江戸文字など。小林章さんが欧文のつくりかたを解説されていて嬉しい。2023/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8045471
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。