指を置く―Putting finger

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784568505603
  • NDC分類 727
  • Cコード C0071

目次

第1分類 空間を読み解く指考
第2分類 エネルギーを発動する指先
第3分類 アニマの手触り
第4分類 道具を読み解く指先
第5分類 図像の中の自分
第6分類 虚に触れる
第7分類 因果性の捏造
第8分類 次元の混交
第9分類 呪術性の生起

著者等紹介

佐藤雅彦[サトウマサヒコ]
東京藝術大学大学院映像研究科教授/慶應義塾大学環境情報学部客員教授。独自の方法や考え方で、映像・アニメーション・グラフィックデザインの研究と開発をし、さらには脳科学と表現の研究など、分野を超えた活動を行っている。専門は、教育方法と表現方法。99年より開始した慶應大学佐藤雅彦研究室の「概念を重視した表現」や、研究室が番組に参画するNHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』が注目を集める。主な受賞に、朝日広告賞最高賞、ADC賞グランプリ、ACC賞グランプリ、1991年クリエイター・オブ・ザ・イヤー、毎日デザイン賞、日本賞総務大臣賞、ニューヨークADC賞金賞、日本数学会出版賞、D&AD賞、平成23年度芸術選奨、平成25年度紫綬褒章

齋藤達也[サイトウタツヤ]
1979年生まれ。脳科学や認知科学における知覚や認知についての洞察から得られる発想に基づき、インタラクティブ作品、ライブパフォーマンス、プロダクトやアプリケーション、映像作品といったように、メディアを選ばない多岐にわたる表現を行っている。特に映像技術による身体感覚の拡張をテーマとした作品を多く制作している。慶應大学等で講師として教育活動にも従事。第9回L’Oreal主催「色の科学と芸術賞」銅賞、第12回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞、2006年Laval Virtualグランプリ等受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。