キツネのパックス―愛をさがして

個数:

キツネのパックス―愛をさがして

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月01日 01時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784566024588
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

ピーターは、死にかけていた子ギツネを助ける。それ以来、パックスと名づけられたキツネとピーターは、ずっといっしょに生きてきた。でも、別れなければならなくなり…。運命に立ち向かうことの大切さを教える、胸を打つ感動の物語。

著者等紹介

ペニーパッカー,サラ[ペニーパッカー,サラ] [Pennypacker,Sara]
アメリカ合衆国で著名な、子どもの本のベストセラー作家。作家になる前は、画家としても活動していた。マサチューセッツ州ケープコッド在住

クラッセン,ジョン[クラッセン,ジョン] [Klassen,Jon]
1981年生まれ。カナダのイラストレーター、作家。マニトバ州ウィペグ在住。2013年『ちがうねん』(クレヨンハウス刊)でコールデコット賞を受賞

佐藤見果夢[サトウミカム]
1951年、神奈川県生まれ。公共図書館勤務を経て、児童文学及び絵本の翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

61
YA。死にかけた子ギツネを拾いパックスと名付けたピーターは、家族のようにパックスを可愛がっていた。母のいないピーターとパックスは深く心を通わせる。しかし父が戦争に行くことになり、ピーターは祖父の家に疎開することになった。パックスを森に返すことにする。森に置き去りにされたパックスはピーターが迎えに来てくれると待ち続ける。ピーターも思い直し、パックスを探しにひとりで森に向かう。野生のキツネに出会いとまどうパックスと、途中で足を骨折してしまったピーター、交互の視点で物語は進む。▽良本。ラストに泣けてしまった。2019/09/25

ナミのママ

44
『ダ・ヴィンチ』で知った新刊ですが、児童書扱いになるのでしょうか?図書館予約も読メの感想も少ない本でした。少年とキツネの話なのですが・・・反戦の意味もあるのか戦争が背景にあります。登場人物の言葉がスピリチュアルでもあります。深く読むと意味深いものが多々ありました。出版社のネームバリューもあるのでしょうが、もう少し取り上げられても良いかなと思います。もう一度読み返したい本でした。2018/04/27

わむう

27
挿絵がジョン・クラッセンということで興味を持ち読んでみました。少年ピーターとキツネのパックスの絆の物語。事情があって離ればなれになってしまいますが、再び会うために懸命に生きる姿が章ごとに交互に描かれている形式で話は進みます。動物と人間との愛の物語というよりは反戦小説だと思います。映画化されるらしいので観てみたいです。2019/12/07

みよちゃん

17
少年とペットだった狐の別れ。孤独だった少年と独り暮らしの女性、そして父と戦争、自然を破壊する戦争、読んでいて、心が折れそうだった。この結末で良かったのだろうか?愛をさがして、キツネのパックスと少年の幸せを願わずにはいられなかった。2019/05/23

あおい

13
家庭の事情で飼っていた狐のパックスを森に放したピーターはその事を後悔し別れた場所に戻ろうとする。同じ頃パックスもピーターを探していた…12歳の子の無謀な計画は早々に躓く。そこで出会うのが戦争で片足を失くしたヴォラ。ピーターとヴォラの交流とパックス側の話が交互に語られるのでわかりやすい。人間と狐それぞれの成長物語。2023/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12547532
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。