海外ミステリーbox<br> ラスト・ショット

個数:
  • ポイントキャンペーン

海外ミステリーbox
ラスト・ショット

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 13時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784566024267
  • NDC分類 K933
  • Cコード C0097

内容説明

“記者コンテスト”で優勝したスティービーは、夢にまで見たカレッジバスケットボールの準決勝戦と決勝戦―ファイナルフォー―に招待された。しかも記者証をもらって!ところが偶然、スター選手が脅迫されているのを聞いてしまう。同じくスポーツ記者志望の少女スーザン・キャロルと共に事件の解明に乗り出すが…。さわやかな後味のスポーツ・ミステリー。

著者等紹介

ファインスタイン,ジョン[ファインスタイン,ジョン][Feinstein,John]
1956年、ニューヨーク生まれ。スポーツライター。作家。スポーツの世界をあつかったノンフィクション作品で知られる。バスケットボールを取材した『瀬戸際に立たされて―ボブ・ナイトとインディアナ大フージャーズの1年』(日本経済新聞社)は、全米でベストセラーとなった。ティーンエイジャーのコンビを主人公とした『ラスト★ショット』で、2006年エドガー・アラン・ポー賞(YA小説部門)を受賞

唐沢則幸[カラサワノリユキ]
1958年、東京生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒業。翻訳家。児童文学の翻訳を中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Alice@JazzCafé

10
爽やかな読後感のジュブナイル向けスポーツ・ミステリー。大学男子バスケットボール・トーナメントのファイナル・フォー(準決勝戦と決勝戦)の舞台裏が詳細に描かれていますが、アイドルスター並みの厳戒なセキュリティーには驚きました。主人公の13歳の少年スティービーと相棒のスーザン・キャロルが、脅迫と八百長疑惑解明の為に厳重な警備をすり抜けてホテルに滞在中の選手に接触を試みるあたりはスリル満点でドキドキでした。またスティービーとスーザン・キャロルのコンビぶりがとてもユーモアたっぷりに描かれていて面白かったです。2014/02/06

杏子

5
西日本読書感想画指定図書。バスケはスラムダンクぐらいしか知識がなく、学校の授業でやらされた時は大嫌いなスポーツだった私なので、最初の方は流して読んでいた。何だかよくわからないが、アメリカってすごいね!の認識。それが主人公2人が事件に巻き込まれ、動き出した頃からだんだん面白くなってきた。スティービーとスーザン・キャロルのコンビはなかなかよい。ともに13歳というから驚きだ。同じ主人公で後三作あるそうだが、また読んでみたい。ラスト・ショットは出来すぎのような気もするが…すっきり爽やかな読後感だった。2011/06/25

jigenthe3rd

5
アメリカの(いくつかの)カレッジスポーツは日本のプロスポーツよりもマーケットとしてでかい位の認識はあったので、本書の世界観にもすんなりと入り込めました。またこの類の賢すぎる少年少女に辟易してしまう傾向があるのですが、設定、人物描写も絶妙でその辺り気にせずストーリーに没頭できました。序盤ちょっとした恋愛感情を伴うジュブナイルもの?と思いましたが(もちろんいい感じにそういった面もあります)、むしろ軽妙に描かれるバディものといった印象で、その点もとてもよかった。面白かったです。続編の翻訳も期待。2010/11/14

アヤネ

4
“記者コンテスト”で優勝したスティービーは、夢にまで見たカレッジバスケットボールの準決勝戦と決勝戦―ファイナルフォー―に招待された(Amazonより)。。カレッジバスケットボールは、TV観戦したことがある。大学対校トーナメントで、NBAとはまた違った面白さ。この物語は、デューク大とミネソタ大の決勝前、ミネソタ大のスター選手が誰かに脅迫されてるのを、主人公たちが偶然聞いてしまい、事件に巻き込まれる話。主人公は架空の人物、それ以外は実在の人物が多く、作者はスポーツライター。なかなか面白かった。女の子がいい。2015/12/29

ぱんだ

2
アメリカのこともバスケのことも全くわからないので、カタカナだらけの前半は読むのに苦労した。しかし後半の疾走感がいい!ミステリーだけど、試合展開は手に汗握る臨場感!読んだ後の爽やかさがとにかくいい気持ちだった。同じ主人公で他に3作あるらしいから、読んでみたいと思った。2015/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/669713

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。