児童図書館・文学の部屋<br> 時の旅人

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・文学の部屋
時の旅人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 19時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 324p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784566012073
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

私は、時の旅人。20世紀に生きる私は、16世紀と現代が隣り合わせに時をきざむ古い農園で、当時の人々と時をすごし、スコットランド女王メアリーの運命を、バビントン家の滅亡を、かいまみた…! イングランドの歴史をひもとく、美しくも哀切なファンタジー。   小学校高学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

椿子

8
児童小説であり、少女の成長小説でもあり、歴史小説でもある、というとても良質なファンタジー。特に別の時代に行く瞬間の描写がとても好き。雪のしんしんとした静けさも表現できていてうっとりしてしまう。主人公ペネロピーが出会う人たちが、歴史上では処刑されているというショッキングな出来事もあるので、歴史は変えられないなかでその人たちと交流し仲良くなるという切ない物語でもある。とても良い小説でした…。評論社版が訳が雰囲気があってお勧め。2014/02/15

ムーミン2号

7
主人公の少女の名はペネロピー。12歳から17歳にかけての物語。彼女は自然と320年もの昔と行き来できてしまう(本人の意思で行きたい時に行けるわけではない)。そういうタイム・トラベル・ファンタジーの傑作とされる児童文学だ。傑作というにはそれなりの理由があるはずで、そこらあたりをhttp://www.honzuki.jp/book/266461/review/207383/ に書いてみた。ワタシは少女の成長を描いた物語と読んだ。2018/07/02

belle

6
~みどりの袖の少女~の「あの人たちはだれなの?」の問いかけに呼ばれて、またこの物語を開いた。初読は遥かに遠く。慰め。信頼。熱情。不安。期待。デュエット。甘い思い出…。読み終えて余韻に浸っていたら、これらの言葉が次々に連想された不思議。あらっ、メンデルスゾーンの無言歌集だわ。少女と私の思いがピアノの曲名と重なった。そして読むたびに「グリーンスリーブス」の哀切な響きに胸がいっぱいになる。雪の降る場面が愛おしく、蒸し暑い現実の日々に純白のカサブランカを飾った。スコットランド女王メアリーは白い肌の美しい人だった。2020/07/07

みよちゃん

4
昔読んだ本。トムは真夜中の庭でやグリーンノウシリーズなど、その時期はまってました。時空の飛び方も、色々進化して、ハリーの様に魔法であったり、夢であったり、ライオンと魔女の様に死んでしまう現実があったり、だから物語は面白いですね。2016/05/25

speaklow

4
何年ぶりかの再読。空気の匂いまで感じられる細やかな描写で綴られる、英国の荘園を舞台にした不思議でかなしい物語。「過去は変えられない」という線をきりっと引いて、甘ったるいファンタジーにしなかった所が好きだ。2012/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490182

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。