• ポイントキャンペーン

児童図書館・文学の部屋
タランと黒い魔法の釜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 271p
  • 商品コード 9784566010161
  • NDC分類 K933

出版社内容情報

死者を戦士として生き返らせる、恐ろしい“黒い魔法の釜”。タランと個性豊かな仲間たちの一行は、その釜を奪うために。死の国アヌーブンへ潜入するー。ユーモラスな展開のなかに、善と悪、生と死などの永遠のテーマをも織り込んで描く、少年騎士タランの本格冒険ファンタジー。   小学校中学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

帽子を編みます

61
ファンタジーで設定や冒険にもワクワクしますが、人々の個性が上手いです。アダオンは高潔で尊敬したくなる先輩、エリディルは嫌な人、やることなすこと人を怒らせる同僚といった感じです。ギスティルはぼやいてばかりでイライラさせられるけど実は有能な取引先の人かな。人々の個性に説得力があるのです。3人の魔女はまさにファンタジー、年老いた姿、若き運命の織り手、3人が入れ替わり、後の巻でも登場します。タランは憧れていた大人の世界が残酷なことや裏切り行為でいっぱいなことを知りますが逃げることは許されません。成長していきます。2021/10/16

あややん

3
とても面白かったです。 この作者はファンタジーを通じて大切なことを教えてくれてる気がします。 エイロヌイがかわいい♪2014/12/28

Fuchy@a-less-crowded-countryside

3
冒険を重ねて成長していくタランと仲間たち。名誉よりも大切なのは何なのか。何かを失っても自分を失ったわけじゃない、最初に戻るだけなんだ。エイロヌイの成長も楽しみ。カラスのカアが仲間に加わって、次はどんな冒険が待ち受けているのかな。2012/08/14

Mr.M

3
 相変わらずちょっと鼻持ちならない主人公、タランの成長物語。  今回は犠牲と名誉の関係が重要なテーマに据えられています。何を名誉とするのか、またそのために払う犠牲とは? 使命を果たすために自らの大切なものを差し出そうとする仲間達の姿に、タランは自分が持つべき名誉を見いだします。この作品で一番感じ入る部分でした。  キャラクターの魅力や話の良さもありますが、それ以上にはっとさせられる言葉を自然に語らせる。心躍る冒険の中に、私たちに結びつく考えを作品に織り込んだ、ファンタジーの醍醐味をもった作品です。2011/11/12

moko

2
「知らねばならないことは多い。だが、なによりも、愛さねばならぬものが多いのだよ。季節のうつり変わりでもいい。川の小石の形でもいいのだ、それは。愛すべきものをたくさんみつければ、みつけるほど、心のますも大きくなる。」アダオン。 吟遊詩人のシンボルの3本の線、それは知識・真実・愛を表す。ってどんなのかな? 3人の魔女とダルベンがつながった。 仲間の死、裏切り、代償、犠牲、仲間を思う愛を知り、何にも頼らず決断し成長するタランの冒険は目が離せない。2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/523651

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。