児童図書館・絵本の部屋<br> 天の火をぬすんだウサギ

個数:
  • ポイントキャンペーン

児童図書館・絵本の部屋
天の火をぬすんだウサギ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(頁/高さ 27X21cm
  • 商品コード 9784566002708
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

昔、この地上にまだ火がなかったころ。冬の寒さにふるえる動物たちは、高い山にすむ天の人から、火をぬすんでこようと相談した。そしてウサギがでかけたが…。北米インディアンの伝説をもとにした絵本。第34回課題図書/厚生省中央児童福祉審議会推薦   幼児~

内容説明

むかしむかし、この地上に、火がなかったころ。冬の寒さにふるえる動物たちは、高い山にすむ天の人のところから、火をぬすんでこようと、相談しました。天の人たちは、動物に、火をわけてくれなかったからです。ウサギが、出かけることになりました。さてこのつづきは?北米インディアンの「火のおこり伝説」に「なぜ動物がそうなった」の話を加えた楽しい絵本です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

323
ギリシャのプロメテウス神話ならぬ、北米のネイティヴ・アメリカンの火の起源伝説に、動物たちの形態に関する由来譚を融合させたもの。読み聞かせで、子どもたちが一番喜びそうなのはウサギのダンスのシーンと、それに続いてみんなが躍りだすあたりだろうか。作も絵もジョアンナ・トゥロートンによるもののようだ。絵は赤を基調に明るく明快で、構図にもその都度工夫が凝らされており、全体としてはまずまずといったところか。強いインパクトがあるわけではないが、子どもたちも安心して読めそうだ。内容的には冬向きの絵本。 2023/02/16

nakanaka

69
実家にあった絵本を借りてきて読み聞かせ。確か私が小学校の頃に購入した絵本だったような。当時は意味がよく分からなくてあまり記憶もありませんでしたが今読み聞かせとして読んでみるとなかなか面白かったです。北米インディアンの「火のおこり伝説」がモデルとなったストーリー。もともとは天空人だけが持っていた「火」を森で一番賢い存在であるウサギが知恵を働かせて盗んでくるというもの。人間にとって欠かすことのできない「火」の起こりを奇抜な発想で描いている作品だと思います。幼稚園児にはちょっと難しいかもしれません。2015/12/05

Willie the Wildcat

52
起源。火、そして火に纏わる様々な動物。繋ぐ火が齎す・・・。暖を取る仲間。支えあう姿が温かい。言い伝えなんだろうなぁ・・・。絵は、どこかディズニーの初期の頃を彷彿。やはり兎の踊りと敏速に逃げる姿がハイライト。蛇足だが、Native Americanと七面鳥がとてもアメリカっぽい・・・。2013/08/10

みつばちい

36
四年授業で読み聞かせ。天の火を知恵で盗んだうさぎが、色々な動物に火をリレーしていく。その過程で火があたってリスの尻尾は丸まった、すすがついてアライグマの顔は黒いところができた、七面鳥の顔に毛がないのもそのせい、との言葉に「なるほどー!」と声をあげてくれる子がいて可愛かった。2021/09/07

みつばちい

33
四年の授業で。天の火をうさぎが盗んで、その後他の動物がリレーのように運ぶなかで、しかの尻尾がやけて短くなったり、アライグマの顔が焦げてもようができたり、と起源話になっている。とても純真な子が多いクラスなので本気にしていて「だからかー」とうなづいていて可愛い。その後キプリングのぞうの鼻はなぜ長いを紹介したら、男の子がとても気に入ってくれた。借りてもくれたのでよかった!2022/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/120929
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。