植物育種学〈上 基礎編〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

植物育種学〈上 基礎編〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 16時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22X15cm
  • 商品コード 9784563077136
  • NDC分類 615.21

内容説明

本書はバイオテクノロジーを育種手法の一つとして位置づけ、植物育種の流れに沿って新旧の育種技術を織り交ぜながら具体的に解説したものである。上巻の本書は基礎編として、遺伝学の基礎知識を前提とした、遺伝資源と育種計画、遺伝変異の作出、集団構造と選抜理論の3部から構成されている。

目次

第1部 遺伝資源と育種計画(進化に伴うDNAの多様性;植物の栽培化と作物の起源;遺伝資源の収集・保存・利用;育種計画)
第2部 遺伝変異の作出(人工交配;染色体操作;突然変異の誘発;組織・細胞培養;細胞融合;DNA組換え)
第3部 集団構造と選抜理論(自殖性植物集団の遺伝的解析;他殖性植物集団の遺伝的構造;ダイアレル分析;遺伝子型×環境交互作用;乗換えと連鎖ブロック;RFLPと連鎖地図作成;圃場試験法)