新物理学シリーズ<br> 素粒子物理入門―基本概念から最先端まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

新物理学シリーズ
素粒子物理入門―基本概念から最先端まで

  • 渡辺 靖志【著】
  • 価格 ¥4,212(本体¥3,900)
  • 培風館(2002/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 78pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 04時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784563024338
  • NDC分類 429.6

内容説明

初学者のために、数式をほとんど用いずに、素粒子の基礎から最先端の理論・実験までを、わかりやすく解説した入門書。初めに素粒子とは何かを概説し、第2の部分で「標準理論」がいかに確立され、どのように理解できるか、さらにその限界について解説する。最後に標準理論を超えようとする現在の理論・実験の取組みについて述べる。付録では本文の説明に関連した数式による簡潔な解説を与えている。

目次

粒子と場
素粒子の性質と種類
粒子の安定性と保存則
ミクロの世界を探る手段
新粒子の発見とクォーク模型
量子電磁力学
量子色力学
弱い力
電弱理論の枠組み
質量を与えるヒッグス機構
標準理論の光と影
標準理論を超えて―大統一理論と超対照性
ミクロとマクロ(宇宙との関連)
理論最前線
実験最前線

著者紹介

渡辺靖志[ワタナベヤスシ]
1975年米国コーネル大学大学院博士課程修了。米国アルゴンヌ国立研究所研究員、東京大学助手、高エネルギー加速器研究所助教授を経て、1988年東京工業大学理学部教授。1998年東京工業大学大学院理工学研究科教授(改組により)。1995年ヨーロッパ物理学会特別賞。1999年1998年度朝日賞(団体)。1999年1999年度手島記念研究論文賞