新物理学シリーズ<br> ゲージ場の量子論〈1〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

新物理学シリーズ
ゲージ場の量子論〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 04時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22X15cm
  • 商品コード 9784563024239
  • NDC分類 421.3

内容説明

本書は近年飛躍的発展を遂げてほとんどその面目を一新した場の量子論―特にゲージ場の量子論の解説書である。基本的なところから詳しく説明されているので、量子力学の初等的予備知識で十分理解できる内容となっている。

目次

Lorentz群の表現と場(Lorentz群;いろいろな場:Lorentz群の表現;Noetherの定理;スカラー場の作用積分;スピノール場の作用積分;U(1)ゲージ場:電磁場)
場の量子化(自由スカラー場の量子化;自由Dirac場の量子化;パリティ変換とWeyl場;時間反転不変性とCPT定理)
相互作用の一般的性質とS行列(スペクトル条件とスペクトル表示;漸近条件とS前列;LSZの簡約公式とHaag‐GLZ公式)
経路積分と摂動論(量子力学系と経路積分;場の理論における経路積分;摂動論;フェルミオン場の経路積分;有効作用と有効ポテンシャル;S行列生成汎関数と散乱断面積)
ゲージ場の量子論(局所ゲージ不変性;特異系の正準形式と量子化;ゲージ場の量子化:経路積分型式;BRS対称性;ゲージ場の正準量子化:共変な演算子型式;Ward‐高橋恒等式および自由場の量子化と漸近場;摂動論のFeynman則と簡単な計算;物理的S行列のユニタリー性I;物理的S行列のユニタリー性2:BRS代数と4重項機構;観測可能量;物理的S行列のゲージ固定非依存性)
付録(4次元記法、Diracスピノール;n=2k次元Lorentz群SO(1,n-1)のγ行列
Feynmanグラフの積分公式
行列・演算子に関する便利な公式)