マリー・アントワネットと5人の男〈上〉―宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち

個数:

マリー・アントワネットと5人の男〈上〉―宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月20日 11時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562057962
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0098

出版社内容情報

マリー・アントワネットの「お気に入り」だったローザン、ブザンヴァル、ヴォードルイユ、フェルセン、エステルアジとの交流と当時の宮廷における権力闘争、嫉妬、典型的宮廷貴族像を、最新の研究成果から浮き彫りにする。

内容説明

ローザン公爵、ブザンヴァル男爵、ヴォードルイユ伯爵、フェルセン伯爵、エステルアジ伯爵…宮廷に新風をもたらした彼女が求めたものは何だったのか。新資料を駆使して活写する王妃の真実。

目次

マリー・アントワネットと「王妃の集まり」
ローザン公爵
ブザンヴァル男爵

著者等紹介

ド・ヴァリクール,エマニュエル[ドヴァリクール,エマニュエル] [de Valicourt,Emmanuel]
1965年生まれ。パリ・カトリック大学講師。革命前のフランス社会を専門とする。ルイ16世の大臣シャルル=アレクサンドル・ド・カロンヌの伝記Calonne:La derni`ere chance de la monarchieを著わし、高く評価された

ダコスタ吉村花子[ダコスタヨシムラハナコ]
翻訳家。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。リモージュ大学歴史学DEA修了。18世紀フランス、アンシャン・レジームを専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

18
ルイ16世が子作りにも夫婦生活にも熱心でなかったためにマリー・アントワネットには別のオトコが必要だったという話。夫がなければ取り巻きを、みたいな感じ。2020/11/23

アカツキ

12
マリー・アントワネットが寵愛した5人の男性を紹介した本。上巻はアントワネットの人柄、ローザン公爵、ブザンヴァル男爵について。放蕩者のローザン公爵が死刑になるのは自業自得といってもいいけど、結婚当初から見向きもされなかった妻アメリーが巻き添えを食らったのは可哀想。当時の価値観だから仕方ないとはいえ不憫。陽気者ブザンヴァル男爵は軍人と宮廷人の二つの顔を持つ興味深い人だけれど、彼の狡猾なところを見ると時代を隔てて眺めるくらいがちょうどいい。2020/12/21

Pintail

0
☆☆☆☆☆2021/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16650450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。