暗殺が変えた世界史〈下〉ニコライ二世からチャウシェスクまで

個数:

暗殺が変えた世界史〈下〉ニコライ二世からチャウシェスクまで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年02月26日 04時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562057153
  • NDC分類 209
  • Cコード C0098

内容説明

ニコライ二世、サダト、インディラ・ガンジー…国家の偉大な要人たちの死にぎわがいかにみごとであるかは驚くばかりだ。臨終の苦しみやいまわの際において彼らが示した威厳や勇気はただただ驚異的だ。トマス・クインシーは殺人を「芸術の一分野」と見なしたが、被害者の「死にぎわ」も一つの芸術である。

目次

9 ニコライ二世―一つの世界の終焉‐エカテリンブルク、一九一八年七月一七日
10 エンゲルベルト・ドルフース―ヒトラーにナインと言った男‐ウィーン、一九三四年七月二五日
11 パトリス・ルムンバ―アメリカにとって邪魔だったアフリカ人‐カタンガ(コンゴ)、一九六一年一月一七日
12 ゴ・ディン・ジエム―仲間同士のクーデター‐サイゴン、一九六三年一一月二日
13 アンワル・アッ=サダト―アッラーの名における暗殺‐カイロ、一九八一年一〇月六日
14 インディラ・ガンジー―予期された暗殺の記録‐デリー、一九八四年一〇月三一日
15 ニコラエとエレナ・チャウシェスク―尋常といいがたい処刑‐トゥルゴビシュテ(ルーマニア)、一九八九年一二月二五日

著者等紹介

ビュイッソン,ジャン=クリストフ[ビュイッソン,ジャンクリストフ] [Buisson,Jean‐Christophe]
「フィガロ」誌の副編集長であり、歴史に特化したテレビチャンネル(cha^ine Histoire)の番組「イストリックモン・ショー(Historiquement show)」の司会を担当している。フランス学士院アンリ・ド・レニエ賞およびフランス学士院倫理・政治アカデミー賞を受賞

神田順子[カンダジュンコ]
フランス語通訳・翻訳家。上智大学外国語学部フランス語学科卒業

清水珠代[シミズタマヨ]
上智大学文学部フランス文学科卒業

濱田英作[ハマダエイサク]
国士舘大学21世紀アジア学部教授。早稲田大学大学院文学研究科東洋史専攻博士課程単位取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

あらゆるタイプの暗殺を網羅し、同時にきわめて多様な状況を紹介。時代や国や状況により、「悪からの解放」と称する殺人の大義は、共和政、聖十字架、アラー、革命、国王、国家などさまざまだ。だが、暗殺者たちはつねに「これは、正義のための闘いだ」と確信している。