スパイス三都物語―ヴェネツィア・リスボン・アムステルダムの興亡の歴史

個数:

スパイス三都物語―ヴェネツィア・リスボン・アムステルダムの興亡の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月13日 23時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 369p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562054879
  • NDC分類 237
  • Cコード C0098

出版社内容情報

ヴェネツィア、リスボン、アムステルダムの三都を舞台に、スパイスにまつわる社会文化、政治性を都市の興亡を通して描く!スパイスの貿易で発展したヴェネツィア、リスボン、アムステルダムの三都を舞台に、実際に現地を訪れて現地の料理と史跡を調査し、スパイスにまつわる社会文化、政治性を都市の興亡を通して描く歴史ノンフィクション。

マイケル・クロンドル[マイケルクロンドル]
著・文・その他

木村高子[キムラタカコ]
翻訳

田畑あや子[タバタアヤコ]
翻訳

稲垣みどり[イナガキミドリ]
翻訳

内容説明

十字軍が持ち帰った異国の財宝によって富んだ三つの都市は、宗教をめぐる戦いや改革、料理の流行の推移とともに、また姿を変えていく。現地に取材し、資料を渉猟してたどる、香辛料が変えた人類の歴史。

目次

味覚との最初の邂逅―セント・オールバンズにて(スルタンと乱痴気騒ぎ;香辛料の需要 ほか)
第1部 ヴェネツィア(イ・アンティキ;ドージェと漁師 ほか)
第2部 リスボン(キャラベル船;都市の興隆 ほか)
第3部 アムステルダム(スイーツとスパイスと聖人;黄金時代の食事 ほか)
ボルチモアとカリカット(スパイス部屋;武器と機能性食品)

著者等紹介

クロンドル,マイケル[クロンドル,マイケル] [Krondl,Michael]
1960年、プラハ生まれ。料理史家、料理教師、フードライター。ニューヨーク在住。世界の食文化を研究し、料理雑誌や書籍、辞典に多数寄稿している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。