ナチの子どもたち―第三帝国指導者の父のもとに生まれて

個数:
  • ポイントキャンペーン

ナチの子どもたち―第三帝国指導者の父のもとに生まれて

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562054329
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0098

内容説明

ナチ高官たちは何を行い、戦後、自らの罪にどう向き合ったのか。子どもたちは父の姿をどのように見つめたのか。本名を隠して生きた者、極右運動に走る者…。さまざまな人生を追い、語られざる現代史に迫る。

目次

グドルーン・ヒムラー―ナチズムの「お人形さん」
エッダ・ゲーリング―「ナチ・ドイツのネロの小さなプリンセス」
ヴォルフ・R.ヘス―最後の戦犯の陰にいる子ども
ニクラス・フランク―真実への欲求
マルティン・アドルフ・ボルマン・ジュニア―「クレーンツィ」あるいは皇太子
ヘースの子どもたち―アウシュヴィッツの司令官の子孫たち
シュペーアの子どもたち―「悪魔の建築家」の一族
ロルフ・メンゲレ―「死の天使」の息子
ドイツの歴史?

著者紹介

クラスニアンスキ,タニア[クラスニアンスキ,タニア] [Crasnianski,Tania]
刑事事件専門の弁護士を経て、執筆活動に入る。フランス生まれで、現在はドイツ、ロンドン、ニューヨークに生活拠点がある。『ナチの子どもたち―第三帝国指導者の父のもとに生まれて』が初の著書

吉田春美[ヨシダハルミ]
上智大学文学部史学科卒業。フランス語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ヒムラー、ゲーリング、ヘスといったナチ高官たちは何を行い、戦後、自らの罪にどう向き合ったのか。彼らの子どもたちは父の姿をどのように見つめたのか。親の過ちは彼らの人生に影を落としたのか。現代史の暗部に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件