川中島合戦―戦略で分析する古戦史

個数:
  • ポイントキャンペーン

川中島合戦―戦略で分析する古戦史

  • 海上 知明【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 原書房(2016/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2016年12月11日 05時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562053582
  • NDC分類 210.47

内容説明

上杉謙信と武田信玄は、なぜ川中島で数万もの大軍を動員して死闘をくりひろげたのか。二大名将の秘術をつくした知略戦を、社会科学の目と地政学の視点と独自のバランス・オブ・パワーで分析した貴重な一冊。

目次

第1章 「川中島合戦」を分析するにあたって
第2章 川中島合戦にいたる経緯
第3章 川中島合戦の展開
第4章 永禄四年第四次川中島合戦前夜―大戦略と軍事戦略の布石
第5章 永禄四年第四次川中島合戦―戦略的段階
第6章 永禄四年第四次川中島合戦―戦略から戦術へ
第7章 永禄四年第四次川中島合戦後

著者紹介

海上知明[ウナカミトモアキ]
日本経済大学教授・NPO法人孫子経営塾理事。博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

地政学的戦史分析の第一人者が、一級史料が少なく全貌が謎に包まれた川中島合戦を、戦略・戦術的に分析し、実像を明らかにする。地政学的戦史分析の第一人者が、一級史料が少なく全貌が謎に包まれた川中島合戦を、軍記物語の記述を利用しながら、孫子の兵法やリデル・ハートの間接的アプローチも取り入れて戦略・戦術的に分析し、実像を明らかにする。

海上 知明[ウナカミ トモアキ]