粉糠三合説異聞

個数:

粉糠三合説異聞

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月22日 15時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562053087
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

「粉糠三合持ったら養子に行くな」の諺に逆らい入聟の道を選んだ主人公。…戦後の地方都市、甲州韮崎のにおいの濃厚な町会や教育界の人間模様の機微をユーモアとペーソスで描く、老境の著者が初めて挑戦した自伝的な小説。ほか、亡妻との静謐な日々の想いに若い日の行動と思索を包み込む作品群。マイナーの強い姿勢を示す好読物。

目次

小説 粉糠三合説異聞
エッセイ(小さな旅の二重奏;小さな温泉小屋でも大きな旅;大須観音門前町)
評論 小林多喜二夫妻の新婚生活とその前後

著者紹介

清水昭三[シミズショウゾウ]
1930年、山梨県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)