人間VSテクノロジー―人は先端科学の暴走を止められるのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

人間VSテクノロジー―人は先端科学の暴走を止められるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 19時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 428p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562053056
  • NDC分類 502

内容説明

テクノロジーの発展と正しく向き合うために。3Dプリンター、ロボット技術、人工多能性幹細胞…先端科学技術の現状を解説しつつ、いま最も必要な「倫理」をイェール大学生命倫理学術センターの研究者が説く。

目次

未来を進むにあたって
予想
C用語―完全なシミュレーションは可能か
変化の速度―3Dプリンタ、チューリングテスト、リスク評価
利益とリスクのトレードオフ
生物の操作
ヒトゲノム制覇
トランスヒューマニスト―人間の限界を技術で突破すること
サイボーグとテクノサピエンス
人間性は病気か
テックストームの原動力
ターミネーターと移動運転車
責任を考慮したエンジニアリング
ガバナンスの手段
ギルドのナビゲーター

著者紹介

ウォラック,ウェンデル[ウォラック,ウェンデル] [Wallach,Wendell]
イェール大学生命倫理学術センター、センター長。ヘイスティングス・センター顧問、アリゾナ州立大学法科大学院特別研究員。ウェズリアン大学で社会学、ハーバード大学院で神学と教育学を学んだのち、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などで講師を務め、その後はコンサルタントとしてカウンセリングや講演を中心に活動、コンピュータ・コンサルタント会社を設立してペプシコやコネティカット州などのコンサルティングに携わった。2005年以降はイェール大学の生命倫理学術センターでセンター長を務め、技術と倫理の研究を中心に、動物倫理、終末期問題、脳神経倫理の研究グループにも参加している

大槻敦子[オオツキアツコ]
慶應義塾大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

神の采配の域に追い付こうとしている先端科学の現状の解説と、テクノロジーの発展と正しく向き合うための倫理を説く。

3Dプリンター、ロボット技術、人工多能性幹細胞……
神の采配の域に科学技術が追い付こうとしている現在、人間はその暴走を止められるか。
先端科学の現状を解説しつつ、テクノロジーの発展と正しく向き合うための倫理を説く。