米軍基地がやってきたこと

個数:
  • ポイントキャンペーン

米軍基地がやってきたこと

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2016年12月05日 04時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 455,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562053049
  • NDC分類 395

内容説明

沖縄、ハワイ、フィリピン、韓国ほか、世界70か国以上に約800。米軍基地は本当に必要なのか?戦略的価値の真相、思いやり予算、基地周辺の性産業、マフィアとの関係…世界60か所以上の基地を訪問、軍・官の実力者から地元住民までインタビューを重ね、その実態と問題を探った執念のノンフィクション。

目次

第1部 基盤(基地国家の誕生;リトルアメリカからリリー・パッドへ)
第2部 足跡(故郷を追われた人々;植民地の今;独裁者との結託;マフィアとの癒着;毒物による環境汚染)
第3部 労働(すべての人が奉仕する;商品としての性;軍事化された男性性)
第4部 金(費用勘定書;「ぼろ儲けする側」;軍事施設建設(ミルコン)反対論)
第5部 選択(沖縄に海兵隊は必要か;「もうたくさん」;蓮の葉戦略;真の安全)

著者紹介

ヴァイン,デイヴィッド[ヴァイン,デイヴィッド] [Vine,David]
ワシントンD.C.にあるアメリカン・ユニバーシティの人類学准教授。アメリカの外交・軍事政策、軍事基地、強制退去といった問題に焦点を当てた研究を行っている。ニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどにも寄稿している

西村金一[ニシムラキンイチ]
1952年生まれ。1968年陸上自衛隊少年工科学校入校(電子工学)、1976年法政大学文学部地理学科卒業ののち、陸上自衛隊幹部候補生学校修了。幹部学校指揮幕僚課程(33期CGS)修了。第1特科連隊、第1空挺団、防衛省内局・統幕事務局・陸幕・情報本部等の情報分析官、防衛研究所研究員、第12師団第2部長、少年工科学校総務部長、幹部学校戦略教官等として勤務。2008年より三菱総合研究所国際政策研究グループ専門研究員、2011年に軍事・情報戦略アナリストとして独立

市中芳江[イチナカヨシエ]
翻訳家。兵庫県生まれ。神戸市外国語大学英米学科卒業。フリーランスで実務文書の英日翻訳に従事したのち、現在は書籍翻訳に活動の幅を広げている

露久保由美子[ツユクボユミコ]
翻訳家

手嶋由美子[テシマユミコ]
翻訳家。津田塾大学英文学科卒業。米マサチューセッツ州立大学大学院で英米文学を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

70か国以上に約800。米軍基地は本当に必要なのか?世界60以上の基地を訪問、実態と問題を探った執念のノンフィクション!

沖縄、ハワイ、フィリピン、韓国ほか世界70か国以上に約800。
米軍基地は本当に必要なのか?
戦略的価値の真相、思いやり予算、基地周辺の性産業、マフィアとの関係……
世界60か所以上の基地を訪問、軍・官の実力者から地元住民までインタビューを重ね、
その実態と問題を探った執念のノンフィクション。
ワシントンポスト他で絶賛のベストセラー!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件