アインシュタインとヒトラーの科学者―ノーベル賞学者レーナルトはなぜナチスと行動を共にしたのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

アインシュタインとヒトラーの科学者―ノーベル賞学者レーナルトはなぜナチスと行動を共にしたのか

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562052936
  • NDC分類 289.3

内容説明

「アインシュタインのようなユダヤ人のインチキ科学者を認めるわけにはいかない」ヒトラーの科学顧問となったノーベル賞物理学者フィリップ・レーナルト。彼とアインシュタインとの確執から生まれた大きな溝が、その後の科学の流れを変えてしまったのだ。国家が支配する科学は滅びる。はじめて語られるナチスをめぐる科学者論争。

目次

引き合わない勝利
事件の核心
親密さは軽蔑の元
興味深い夕べ
論争する紳士たち
逃したチャンス
ストックホルムのレーナルト
アインシュタイン対ウプサラの小教皇
危険な選択
レーナルトとヒトラー
ドイツ物理学
学会の不純物
ヒムラーtpハイゼンベルク
わが人生に悔いなし

著者紹介

ヒルマン,ブルース・J.[ヒルマン,ブルースJ.] [Hillman,Bruce J.]
医学博士。医師。医療制度研究者、臨床被験者、医療記事や高級誌や学術誌の寄稿者として頭角をあらわす。ヴァージニア大学医学部教授で前放射線医学科長。医学記事、書籍の担当章、論説を300以上発表しており、米国放射線学会雑誌をはじめとして3つの医学雑誌の編集主幹を歴任。文芸作品のオンライン雑誌ホスピタル・ドライブの編集次長を務めたことがあり、ザ・コネティカット・レビュー、コンパスローズ、エスロン・スポーツ文学などの雑誌に8つの短編を発表

エルトル=ヴァグナー,ビルギット[エルトルヴァグナー,ビルギット] [Ertl‐Wagner,Birgit]
医学博士。ルートヴィヒ=マクシミリアン大学磁気共鳴画像科教授兼グロスハーデン大学病院神経放射線科医。ドイツ語で教科書を5冊執筆している。夫は歴史学者ベルント・C・ヴァグナー。夫妻はドイツ、ミュンヘンで3人の子どもとともに暮らしている

ヴァグナー,ベルント・C.[ヴァグナー,ベルントC.] [Wagner,Bernd C.]
コンサルティングと企業戦略の分野で成功を収めた後、ITサービス業の上級管理者を務める。ドイツのミュンヘン、イギリスのエディンバラ、ドイツのボーフム大学で歴史と哲学を学んだ。ボーフムではアウシュヴィッツをテーマにした論文を執筆している。論文をもとに、アウシュヴィッツで行われた大量虐殺へのドイツ産業の関与を詳述した本を執筆するとともに、関連するテーマの本2冊の共同編者を務めている

大山晶[オオヤマアキラ]
1961年生まれ。大阪外国語大学外国語学部ロシア語科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ノーベル賞を受賞した、二人の科学者。理論物理学と実験物理学の対立と戦いが、その後の科学の在り方を変えてゆく。

アインシュタインはドイツでもっとも広く称賛されたユダヤ人、そしてフィリップ・レーナルトはナチスの科学顧問。
ともにノーベル賞を受賞したが、ふたりの対立と戦いがその後の科学の在り方を変えてゆく。