古書泥棒という職業の男たち―20世紀最大の稀覯本盗難事件

個数:

古書泥棒という職業の男たち―20世紀最大の稀覯本盗難事件

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 261,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562052790
  • NDC分類 020.23
  • Cコード C0098

内容説明

愛書家にとって、もっとも卑劣な犯罪―本泥棒。大恐慌のさなか、アメリカの図書館で稀覯本の盗難が相次ぎ、図書館史上最悪の時代を迎えた。しかも古書窃盗団を組織していたのは、ほかならぬ古書店主たちだった!天井知らずに高騰する古書価格、本泥棒の巧妙な手口と捜査員の執念の追跡…稀覯本をめぐる人々の数奇な運命を描く犯罪ノンフィクション。

目次

プロローグ さまよう星
1章 大恐慌時代の稀書事情
2章 蓄積した知恵
3章 盗まれたポー
4章 学識と研究
5章 ボストンの状況
6章 愛書家の資格のある人間
7章 ニューヨーク州の裁判
8章 稀覯本の終わり

著者紹介

マクデード,トラヴィス[マクデード,トラヴィス] [McDade,Travis]
イリノイ大学ロースクール図書館情報学の准教授。書籍をめぐる犯罪の研究を専門とし、2006年に窃盗事件の裁判手続に焦点を当てたThe Book Thiefを発表。テレビやラジオ番組のコメンテイターも務めている

矢沢聖子[ヤザワセイコ]
英米文学翻訳家。津田塾大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本泥棒という禁断の職業を選んだ男達と、消えた蔵書の捜査に全てを捧げる図書館特別捜査員の攻防を描く犯罪ノンフィクション!

1931年ニューヨーク。厳重に守られた図書館の保管庫から稀少本が次々と姿を消した。
本泥棒という禁断の職業に手を染めた男たちと、消えた蔵書の捜査に全てを捧げる図書館特別捜査員の熱き攻防を描く、
稀有な犯罪ノンフィクション!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件