日本とスペイン文化交流の歴史―南蛮・キリシタン時代から現代まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本とスペイン文化交流の歴史―南蛮・キリシタン時代から現代まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 01時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 354,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784562051618
  • NDC分類 210.52

内容説明

日本人の視点でとらえた知られざる文化往来。大航海時代から今日にいたる両国文化交流史の全貌を描く。スペインに渡った日本人、日本を動かしたスペイン文化。

目次

遠くて近いが、やはり遠い国―まえがきに代えて
第1部 近世初期の交流史―南蛮・キリシタンの時代(日本とスペインの出会い、その歴史的背景;ポルトガルの枠組みの中で―種子島・ザビエルから天正遣欧使節まで;豊臣秀吉とスペイン―関係の本格化;徳川幕府とスペイン―関係の断絶へ;鎖国時代のスペイン情報)
第2部 近現代の交流史―遠いロマンの国(相互の「再発見」と交流の再開(幕末‐明治)
交流の充実から内戦・大戦の時代へ(大正‐第二次世界大戦)
みたびの交流再開から現在まで(第二次世界大戦後))

著者紹介

坂東省次[バンドウショウジ]
1947年、兵庫県生まれ。京都外国語大学スペイン語学科卒業。京都外国語大学大学院修士課程修了。スペイン語学、日西交流史を専門とする。京都外国語大学外国語学部スペイン語学科教授・学科長、京都セルバンテス懇話会代表

椎名浩[シイナヒロシ]
1966年、熊本市生まれ。1994年、中央大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程修了。専攻はスペイン中世史・近世史。現在、熊本学園大学、福岡大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

16世紀の大航海時代から今日にいたる日本とスペインの接触・交流・相互理解の歴史を通覧する。第1部では両国の出会いから鎖国時代まで、第2部は幕末・明治から現代の大衆文化まで、一般向けにわかりやすく解説した。