変わりゆく内閣安全保障機構―日本版NSC成立への道

個数:
  • ポイントキャンペーン

変わりゆく内閣安全保障機構―日本版NSC成立への道

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 09時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 344p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784562051298
  • NDC分類 393

内容説明

内閣官房で安全保障の最前線にいた気鋭の国際政治学者による日本の安全保障の現在。50年代の「国防会議」時代から日本版国家安全保障会議にいたる道のりを証言や法令などとともに丁寧に読み解き、その変遷と安全保障のありようを詳解。

目次

第1章 国防会議時代(国防会議の創設と始動;国防会議改革論のゆくえ;国防と総合安全保障)
第2章 安全保障会議への改編(国防以外の緊急事態対処と中曾根行革;「重大緊急事態」をめぐって)
第3章 危機管理・事態対処機能の強化(危機管理と橋本行革;安全保障会議の改革と事態対処)
第4章 日本版NSCへ(第一次安倍政権と日本版NSC構想の挫折;民主党政権における検討;第二次安倍政権と日本版NSCの成立)
補論 アメリカのNSC(アメリカのNSCの法制;アメリカのNSCの組織)

著者紹介

千々和泰明[チジワヤスアキ]
防衛省防衛研究所戦史研究センター安全保障政策史研究室主任研究官。1978年生まれ。広島大学法学部卒業。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士前期課程修了。同博士後期課程修了。博士(国際公共政策)。ジョージ・ワシントン大学国際関係大学院アジア研究センター留学、京都大学大学院法学研究科COE研究員、同公共政策大学院日本学術振興会特別研究員(PD)、防衛省防衛研究所戦史部教官、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)付主査などを経て、2013年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

安倍内閣のもとで国家安全保障会議がスタートする。
この「日本版NSC」はこれまでの国防会議とどこが違い、どの立場がどう影響を及ぼすのかを、
戦後安保体制の歴史をたどりつつ図表などとともに詳述。