ピラリン・バイェス 絵でよむ聖書

個数:
  • ポイントキャンペーン

ピラリン・バイェス 絵でよむ聖書

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 19時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 228p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784562051274
  • NDC分類 K193

内容説明

スペイン発、絵本の巨匠がえがく世界のベストセラー。ユーモラスな絵からよみとく聖書の世界。大人も子どもも楽しめる、温かくゆたかな表情。描きこまれた絵が物語る、天使、知恵の木、子羊、ぶどう、糸杉、十字架…の意味と教え。

目次

第1部 旧約聖書(イスラエルの民のはじまり;イスラエルの民は自由の民;国王と預言者;戦争と追放―イスラエルの民のもうひとつの証;天地創造;よきイスラエル人―だれをも受けいれる民)
第2部 新約聖書(天使のお告げとイエスの誕生;イエス伝道をはじめられる;山上で告げられた言葉;人びとのために命を捧げられる;イエスの死と復活の証)

著者紹介

バイェス,ピラリン[バイェス,ピラリン] [Bay´es,Pilar´in]
スペインのカタルーニャで最も著名なイラストレーター。1941年生まれ。50年以上、児童書の挿絵にたずさわり、これまでに800冊近い本の挿絵を描き、外国語に翻訳された本も多い。数えきれないほどの出版物や展覧会に作品を提供し、イラストはあらゆる媒体やフォーマットで扱われ、テレビアニメにもなった。1991年にカタルーニャ自治州政府により最高の栄誉であるサン・ジョルディ十字章が贈られ、2011年には「ピラリン・バイェス年」の催しがなされた

轟志津香[トドロキシズカ]
スペイン語翻訳家。慶應義塾大学卒業

加藤常昭[カトウツネアキ]
1929年、ハルピンに生まれる。東京大学文学部哲学科卒業、東京神学大学大学院修士課程修了。1986年まで東京神学大学教授(実践神学)。1986/87年、ハイデルベルク大学客員教授。1997年まで日本基督教団鎌倉雪ノ下教会牧師。現在、日本基督教団隠退教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

旧約・新約聖書の59物語がユーモラスな愛らしい筆致で描かれた、大人も子供も楽しめる絵本。
スペイン・カタルーニャで最も著名なこの童画家は、最高の栄誉サン・ジョルディ十字賞を贈られた。
いよいよ日本にも登場!