イギリスの城郭・宮殿・邸宅 歴史図鑑

個数:
  • ポイントキャンペーン

イギリスの城郭・宮殿・邸宅 歴史図鑑

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 475p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784562051069
  • NDC分類 523.33

内容説明

古代から現代にいたる時代を彩った城郭、歴史的建築物の数々を500点あまりの貴重な写真とともに紹介!建築・改築年代順で各建物をフルカラーでわかりやすく案内。年表・地図・用語解説・索引も付録した決定版!

目次

第1部 古城~1485年(ローマ人のヴィッラからノルマン人の城へ~1154年;プランタジネット朝の力 1154~1307年;要塞化した邸宅の登場 1307~1400年;城とマナー・ハウス 1400~1485年)
第2部 チューダー朝とスチュアート朝 1485~1714年(チューダー朝初期の宮殿とカントリー・ハウス 1485~1550年頃;「偉観の館」栄光の時代 1550頃~1600年;ジャコビアン様式のカントリー・ハウス 1600頃~1650年頃;王政復古様式 1660~1714年)
第3部 近現代 1714~現在(バロック様式とパラーディオ主義 1714頃~1760年頃;ジョージ王朝後期と摂政時代の邸宅 1760頃~1830年;ヴィクトリア朝様式と諸様式のリヴァイヴァル 1830頃~1901年;カントリー・ハウス・リヴァイヴァル 1901~現在)

著者紹介

フィリップス,チャールズ[フィリップス,チャールズ] [Phillips,Charles]
歴史家・作家。オックスフォード大学卒。ウェストミンスター大学で文学修士

大橋竜太[オオハシリュウタ]
1964年福島県生まれ。東京都立大学工学部卒。東京大学大学院工学系研究科修了。工学博士。東京家政学院大学現代生活学部教授(建築史)

井上廣美[イノウエヒロミ]
翻訳家。名古屋大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

イギリス全土におよぶ古代・中世の戦闘の城から貴族の生活の城、邸宅、ステートリー・ハウスのすがたを、
歴史とともにたどった読む大図鑑。
伝説の古城から女王陛下の避暑地まで、鮮やかな写真で紹介。