日通総研選書<br> 道路貨物運送政策の軌跡―規制から規制緩和へ

  • ポイントキャンペーン

日通総研選書
道路貨物運送政策の軌跡―規制から規制緩和へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784561730590
  • NDC分類 685.6
  • Cコード C3365

内容説明

なぜいま規制緩和か。保護助成はいかなる功罪をもたらすか。道路貨物運送のはじまりから現在までの歴史をたどり究明する。

目次

第1章 総説―実態と政策の相克(道路貨物輸送の性質;通史)
第2章 馬から鉄道、トラックへ―~昭和2年(概観;陸運業の生成;鉄道普及と小運送の乱立・統合;トラック運送業の成長)
第3章 道路貨物運送制度の整備―昭和3年~11年(自動車交通行政の確立;小運送業制度の見直し)
第4章 戦時体制下の再編成―昭和12年~19年(トラック運送事業の統制;通運業界の企業合同)
第5章 戦後復興と道路運送―昭和20年~29年(戦後の情勢;通運事業の競争体制;トラック運送業の新制度)
第6章 高度成長期前期の産業立地と貨物輸送―昭和30年~39年(産業立地構造の変化と貨物輸送;トラック輸送の躍進)
第7章 高度成長期後期の政策の変遷―昭和40年~49年(増大する貨物需要とその対応;鉄道に対する政策;トラックに対する政策)
第8章 安定成長期以降の展開―昭和50年~(貨物需要とそれをとりまく環境の変化;規制緩和の導入)
第9章 歴史を振り返って