宅急便を創った男 小倉昌男さんのマーケティング力

個数:

宅急便を創った男 小倉昌男さんのマーケティング力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年05月22日 13時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784561612056
  • NDC分類 685.9
  • Cコード C3063

内容説明

小倉昌男氏が残した数々の名言から、クロネコヤマト大躍進の秘密が解き明かされる。長年、氏と親交を結んだマーケティングの研究者が著す渾身の一冊。

目次

序章 ヤマト運輸と小倉昌男―「宅急便」成功までの軌跡
第1章 市場設定と潜在需要―市場と顧客を明確にする
第2章 サービス展開―顧客第一主義の本質を探る
第3章 視点の転換―宅急便を進化させた原動力
第4章 マーケティング経営―小倉さんのセンスとマインド
終章 等身大の小倉昌男―証言とエピソードで明かされる素顔

著者等紹介

中田信哉[ナカダシンヤ]
1941年、島根県松江市にて小児科開業医の長男として生まれる。折鶴幼稚園、島根大学附属小学校・東京杉並区立堀之内小学校、杉並区立松の木中学校、慶應高校を経て1963年慶應義塾大学経済学部を卒業。高校時代は日本野鳥の会に、大学時代は広告学研究会に所属。大学卒業後、明治乳業株式会社に入社、営業担当として問屋、小売店、病院を回る。そこで猛威を振るうスーパーの姿を見て流通革命のウオッチャーに憧れ、1969年に財団法人流通経済研究所に入所、システム開発センターに所属。1983年、神奈川大学経済学部教授。1988年同教授。2012年、神奈川大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

トラック運送の業界団体で小倉昌男氏と三十年近く交流のあった著者。
宅急便が開発され、世界的に評価されるまでを、物流・マーケティング的視点で語ったエッセイ。