IT投資マネジメントの発展―IT投資効果の最大化を目指して

個数:

IT投資マネジメントの発展―IT投資効果の最大化を目指して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 14時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561244677
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3034

内容説明

ビジネスモデルの変革をもたらすような戦略的なIT投資が増加するにともなって、採算性評価以上にいかに企業業績の改善や経営戦略の達成に貢献させるかが、重要になってきた。本書は、日本の先進企業でのITマネジメント事例をもとに、IT投資による効果を最大化するための要因や手法について、最新の研究成果に基づいて提起する。

目次

第1部 概論(IT投資マネジメントの概要;価値創出のプロセス)
第2部 アプローチ編(IT投資マネジメント研究の発展;資源ベースアプローチ;リアルオプション・アプローチ ほか)
第3部 実践編(先進企業に見る日本のITマネジメント・プラクティスとCIOの役割)

著者紹介

松島桂樹[マツシマケイジュ]
武蔵大学経済学部教授。岐阜経済大学経営学部客員教授。日本アイ・ビー・エム、製造業担当営業部門、CIM主任スペシャリスト、エンジニアリング・システム企画担当を経て、2001年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

IT投資の評価は難しいが,戦略と結びついたITの評価が困難だからである。本書は,資源ベース理論,戦略マップ,バランスト・スコアカード,リアル・オプションを用いながら,IT投資の効果を客観的に導き出す。