企業文化―生き残りの指針

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561233930
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C3034

出版社内容情報

組織変革の理解と実践のガイド。

内容説明

生き残りをかけ、企業が変容を始める。そのとき組織文化はどのような役割を担い、変革を推進していくか。組織文化にかかわる全ての人に読んでほしい、シャインが贈る実際的知性の結晶。

目次

第1部 企業文化の基礎(企業文化はなぜ重要なのか;企業文化とはいったい何か;企業文化は何を基に築かれるか;企業文化はどうすればアセスメントできるか)
第2部 企業文化の実際(スタートアップ企業における文化の創造、進化、変化;変容―文化を学習棄却し、再学習する;成熟企業における企業文化の動態(ダイナミクス)
文化が出会う時―買収、合併、ジョイント・ベンチャー、その他の融合した組織
文化を真剣に考えるリーダーにとっての文化的現実)

著者等紹介

金井寿宏[カナイトシヒロ]
1954年神戸市生まれ。1978年京都大学教育学部卒業。1980年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程を修了。1989年マサチューセッツ工科大学で経営学博士を取得。1992年神戸大学で博士(経営学)を取得。1994年神戸大学教授。現在、神戸大学大学院経営学研究科教授

尾川丈一[オガワジョウイチ]
1982年慶応義塾大学経済学部卒業。1993年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程社会学専攻(所定単位取得退学)。現在、神戸大学大学院経営学研究科後期博士課程マネジメント・システム専攻在学。Palo Alto Center for Developmental Studies,Inc.主任研究員

片山佳代子[カタヤマカヨコ]
1962年岡山県生まれ。神戸市外国語大学外国語学部英米学科卒業。現在、フリー翻訳
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

4
企業文化、組織文化は創るものではない。創られるものだ。それはその企業が成功体験を通じて形成してきた暗黙の価値観、無意識の前提であり、その中にいる人にとっても、それがどれほど大きな力を持っているのか、どのように作用しているのか分からないもの。そして、その形成に大きな影響力を持つ創業者でさえも意図せざる下位文化が形成されている場合もある。企業文化を変革する以前に、自分達の文化がどのようなものなのかを理解することさえ難しいと語られている。成功しなかった変革の実例が示唆に富んでいる。2016/06/08

mkt

2
文化のレベル①文物(人工物)②標榜されている価値観③共有された暗黙の仮定/文化①文化は深い②文化は広い③文化は不変量/変容2つの原則①生き残りの不安あるいは罪悪感が、学習することへの不安よりも大きくなければならない②生き残りの不安を増大させるより学習することへの不安を減らさなくてはいけない/心理的安心感①説得力のあるビジョン②訓練③学習者の参加④非公式の訓練⑤練習の場、コーチ、フィードバック⑥建設的な割合モデル⑦支援グループ⑧首尾一貫したシステムと組織構造/ 20210206読了 234P 41分2021/02/06

このこねこ@年間500冊の乱読家

1
⭐⭐ ほむぅ、フワフワしている難書。 企業文化は複雑。表面上だけなぞってもそう簡単にはわからないし、変えられない、ってことしかわからず。 どう変えたら良いのかの方法も載ってはいたのですが……難しかった。 また機会があったら再挑戦しよう。2020/02/06

sasaki

1
事例は多いけどちょっと難しい。。。2014/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/81745
  • ご注意事項