行為の経営学―経営学における意図せざる結果の探究

個数:

行為の経営学―経営学における意図せざる結果の探究

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年05月26日 00時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784561151265
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、社会科学におけるマクロとミクロ、また長期と短期の間に見られる異なる見解、事例研究の擁護、経営の実践家との間の互いに意義深い対話の土俵といった問題群を、“行為のシステム”という実在に関する仮定を置き、“意図せざる結果”を探究し、実践家との間で反省的な対話のプロセスを活発化していくという、ひとつの方法論的立場の設定によって解決したものである。

目次

第1章 問題意識
第2章 2つの環境観―“行為のシステム”と“変数のシステム”
第3章 法則定立的アプローチの進展―メカニズム解明モデルとカヴァー法則モデル
第4章 経営学における不変法則確立の可能性
第5章 行為システム記述の復権に向かって―“読み”の解釈と時間展開を伴う合成
第6章 説明法の事例研究―“柔軟性の罠”の説明原理
第7章 間接経営戦略―行為システム記述の戦略論に対するインプリケーション
第8章 行為の経営学―反省的対話の促進に向かって

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件