白水Uブックス<br> ビザンツ皇妃列伝―憧れの都に咲いた花

個数:
電子版価格 ¥1,026
  • 電書あり

白水Uブックス
ビザンツ皇妃列伝―憧れの都に咲いた花

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B40判/ページ数 295p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560721094
  • NDC分類 209.4
  • Cコード C0222

内容説明

黄金の満ち溢れるきらびやかな文化、帝位をめぐる血なまぐさい陰謀…。古代ローマ帝国の東西分裂の後、5世紀から15世紀半ばまで、ビザンツ帝国一千年の興亡を、庶民から他国の王女まで8人の皇妃の伝記として描き出す。

目次

皇妃たちの生きた世界―ビザンツ帝国へのいざない
1 アテナイス・エウドキア(四〇一~四六〇年)―ふたつの世界を生きた悲劇のシンデレラ
2 テオドラ(四九七頃~五四八年)―「パンとサーカス」に咲き残った大輪の花
3 マルティナ(六〇五?~六四一年以降)―近親相姦の罪に泣いた心優しい姪
4 エイレーネー(七五二頃~八〇三年)―権力の魔性に溺れた聖なる母
5 テオファノ(九四一頃~九七六年以降)―戦う男たちを飾る妖しい花
6 エイレーネー・ドゥーカイナ(一〇六七~一一三三年?)―新しい時代を生きた名門貴族の令嬢
7 アニェス・アンナ(一一七一/二~一二〇四年以降)―ふたつの祖国を喪ったフランス王女
8 ヘレネ・パライオロギナ(?~一四五〇年)―謎に包まれた最後の皇帝の母

著者等紹介

井上浩一[イノウエコウイチ]
1947年京都市生まれ。京都大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪市立大学大学院文学研究科教授。専門はビザンツ帝国史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。