文庫クセジュ<br> 家族の秘密

個数:

文庫クセジュ
家族の秘密

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2018年09月25日 15時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 180p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560510209
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C1211

出版社内容情報

世代を越えて波及する、家族神話に隠された〈秘密〉のしくみ。著者が取り組んできた、こころと社会をめぐるテーマを盛り込んだ一冊。克服されないトラウマが、子どもにどう影響するのか?

 〈秘密〉が隠された環境で育った子どもは、意味の分からない大人の言葉や態度、身振りに直面すると、やがて疑問を抱くようになる。こうした子どもの問いかけに、親は、自分でも理解できない怒りや悲しみが生まれ困惑する。子どもは、自分に隠されていることを推し量ろうとすることで、こころの構築にさまざまな障害が生じてゆく。こうした反応が、家族の秘密の漏出である。第一世代に体験され、秘密にされたトラウマは、第二世代に反跳し、さらには第三世代へと波及する。「水切り石」のように世代を越えて反跳する、秘密のしくみとその対処とは。「恥」「タンタン」「レジリエンス」など、これまで著者が取り組んできた、こころと社会をめぐるテーマを盛り込んだ一冊。日本語版への序文では、深田晃司監督の映画『淵に立つ』を取りあげ、家族神話さえ成立しない家族の秘密を論じる。

セルジュ・ティスロン[ティスロン]
著・文・その他

阿部 又一郎[アベ ユウイチロウ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件