文庫クセジュ<br> セクトの宗教社会学

個数:

文庫クセジュ
セクトの宗教社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月26日 02時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 139,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509968
  • NDC分類 161.3

内容説明

社会の治安を乱し、人びとが不安を覚える宗教集団はあらゆる時代や場所に見出される。キリスト教もその誕生期、アジアでの布教の際は弾圧を受けた。歴代のさまざまな戦闘的なセクトを紹介し、現代社会に及ぼす影響を解説。また、現代の動向とともに各国における対策を紹介。キリスト教からオウム真理教まで広範囲を網羅。

目次

第1章 歴史のなかのセクト運動(キリスト教;キリスト教の分裂;キリスト教以外の宗教における分裂;戦闘的タクト;二十世紀における宗教情勢の変化)
第2章 近代の産物としてのセクト(個人;共同体主義的な集団の盛衰;資本主義の産物としてのセクト)
第3章 問題宗教団体の公的管理―不可能な国家の中立性(逸脱行為を取り締まることの難しさ―いくつかの失敗例;セクトに対峙するヨーロッパ)

著者紹介

伊達聖伸[ダテキヨノブ]
1975年生まれ。東京大学卒業。リール第三大学大学院博士課程修了(パリ高等研究院との共同指導)。現在、上智大学外国語学部フランス語学科准教授。専門は宗教学、フランス語圏地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歴史的・文化的に多様な宗教現象をどうとらえればよいのか。現代社会における影響力、各国の治安対策についても解説。

歴史的・文化的に多様な宗教現象をどうとらえればよいのか、現代社会においてもなお影響力を有しているのはなぜか、各国の治安対策にはどのような特徴があるのか、その問いに答える。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件