文庫クセジュ<br> レヴィ=ストロース

個数:

文庫クセジュ
レヴィ=ストロース

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月30日 16時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 155,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560509906
  • NDC分類 389
  • Cコード C1210

出版社内容情報

人類学・神話学研究により独自の思想を展開し、構造主義の祖としても多大な影響を及ぼした巨星の生涯と思想を概説。

内容説明

フランス構造主義の創設者とされる民族学者。哲学教師の職を捨て、ブラジル原住民の生態を調査した。その後は魔術、宗教、そして特に神話を研究することで独自の思想を展開。『悲しき熱帯』『神話論理』など著書を多数引用しながら、「思想界の巨人」と呼ばれた百年の生涯を解説する。

目次

民族学者の生成
職業の道へ入る
地質学というモデル
カール・マルクスの使用法
象徴的なもの、ポリヌクレオチド、根と羽根
狂人、良識ある人びとの保証人
ブリコラージュという薄暗い月
構造主義とは何だったのか
日本的魂における往復運動
「神話学はひとつの屈折学=反射学である」〔ほか〕

著者等紹介

塚本昌則[ツカモトマサノリ]
1959年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。パリ第12大学文学部博士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bevel

4
レヴィ=ストロースの思想的な核を明かすとか、そんな大それたものではなくて、とっつきがたい神話の要約と短い解説がたくさん乗っているのが特徴。民族の名前とか神話の要素(生—腐った—火を通したなどなど)に慣れるために最初に読んでおくとよいかも。2014/07/14

yomayoma

1
文化/自然。知性/感性。引用多く、ポイント追い難い。2016/01/28

神戸

1
私は理系であったのでこの本の中身に関して全く素人だが、一人の偉大な民俗学者を知るということに関して強力な本であるとおもう。研究のきっかけ、研究の対象、実際に行なった様々な研究のテーマとアプローチ、その議論をなぞり、最後にはレヴィストロースが何を目の指していたかが、レヴィストロースの熱心なファンとしか思えないような、筆者カトリーヌクレマンの視点で語られている。構造主義そのものの解説はおそらく本書ではされていない。が、さまざまな民俗学のテキストが散りばめられており、飽きずに読める。2015/11/21

onisjim

1
この本がよくないという話ではないのだけれども、やっぱりレヴィ=ストロースはあの難しい彼自身の著作にあたらないとだめだなあと思った。とにかく巨人すぎて新書一冊にはおさまらない感が強い。2014/05/12

天沢聖司

0
んーこれは、読む順番ミスったかな。分かりやすいっちゃ分かりやすいし筆者のレヴィ=ストロースに対する敬愛と情熱も十分に伝わる。が、ある程度レヴィ=ストロース本人の著作にあたって、それらを咀嚼するうえでの羅針盤の一つみたいな位置づけで読んだ方が分かりやすいような気がする。レヴィちゃんの思想に肉薄するというより、レヴィちゃんという人を一つの物語にしたいみたいな意図を感じたかな。2015/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7998306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。