ホモ・デジタリスの時代―AIと戦うための(革命の)哲学

個数:

ホモ・デジタリスの時代―AIと戦うための(革命の)哲学

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2019年10月20日 01時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784560097212
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0033

内容説明

フランスを代表する経済学者が、1968年5月革命以後の「世界史の構造」を総括!新たな人文知のために、デジタル社会における「経済成長」の真実に迫る。

目次

第1部 旅立ち、帰還(現代の神話;失われた幻想(3つのステップその1)
保守革命)
第2部 堕落の時代(プロレタリアートの別れ;よそ者恐怖症)
第3部 未来へ戻る(二十一世紀の大いなる希望;iPhone世代)
結論 ディランからディープマインドへ

著者等紹介

コーエン,ダニエル[コーエン,ダニエル] [Cohen,Daniel]
1953年、チュニジア生まれ。フランスの経済学者・思想家。パリ高等師範学校経済学部長。2006年、トマ・ピケティとパリ経済学校(EEP)設立。国家債務を専門とし、ボリビア、ギリシア、エクアドルなどの政府アドバイザーとしても活躍。『ル・モンド』論説委員

林昌宏[ハヤシマサヒロ]
1965年、名古屋市生まれ。翻訳家。立命館大学経済学部経済学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AI時代の労働はどうなる? GAFAなどデジタル社会の覇者とどう付き合うべきか。1968年パリ5月革命以後の世界史から経済を説く。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件