ヨーロッパ中世象徴史 (新装復刊)

個数:

ヨーロッパ中世象徴史 (新装復刊)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月18日 15時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 22cm
  • 商品コード 9784560096390
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C1022

内容説明

象徴を読み解くと、人々の価値観や社会が見えてくる。動物・植物・色彩・紋章・遊戯などのテーマを通して見た西欧の歴史。

目次

中世の象徴―想像界はどのように現実界の一部をなすか
動物
植物
色彩
標章
遊戯
反響

著者等紹介

パストゥロー,ミシェル[パストゥロー,ミシェル] [Pastoureau,Michel]
1947年パリ生まれ。古文書学校卒。高等実習研究院教授。紋章学を専門とするが、動植物の歴史や人間と色彩の関係史など幅広い研究対象で知られる

篠田勝英[シノダカツヒデ]
1948年生。1979年東京大学人文系大学院博士課程修了。白百合女子大学文学部教授。パリ国際大学都市日本館館長(1999‐2001)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

動物・植物・色彩・紋章・遊戯などのテーマを通して見た西欧の歴史。象徴を読み解くと、中世に生きた人々の価値観や社会が見えてくる動物・植物・色彩・紋章・遊戯などのテーマを通して見た西欧の歴史。象徴を読み解くと、中世に生きた人々の価値観や社会が見えてくる。

ミシェル・パストゥロー[パストゥロー]
著・文・その他

篠田 勝英[シノダ カツヒデ]
翻訳