エクス・リブリス<br> 行く、行った、行ってしまった

個数:

エクス・リブリス
行く、行った、行ってしまった

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月26日 17時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 353p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560090688
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

出版社内容情報

ドイツの実力派による〈トーマス・マン〉賞受賞作

 大学を定年退官した古典文献学の教授リヒャルトは、アレクサンダー広場でアフリカ難民がハンガーストライキ中とのニュースを知る。彼らが英語で書いたプラカード(「我々は目に見える存在になる」)について、リヒャルトは思いを巡らす。
 その後、オラニエン広場では別の難民たちがすでに1年前からテントを張って生活していることを知る。難民たちはベルリン州政府と合意を結んで広場から立ち退くが、彼らの一部は、長らく空き家だった郊外の元高齢者施設に移ってくる。
 難民たちに関心を持ったリヒャルトは、施設を飛び込みで訪ね、彼らの話を聞く。リビアでの内戦勃発後、軍に捕えられ、強制的にボートで地中海へと追いやられた男。命からがら辿り着いたイタリアでわけもわからず難民登録されたが、仕事も金もなくドイツへと流れてきた男。
 リヒャルトは足繁く施設を訪ね、彼らと徐々に親しくなっていく。ドイツ語の授業の教師役も引き受け、難民たちとの交流は、次第に日常生活の一部となっていくが……東ドイツの記憶と現代の難民問題を重ね合わせ、それぞれの生を繊細に描き出す。ドイツの実力派による〈トーマス・マン賞〉受賞作。

内容説明

どこへ行けばいいかわからないとき、人はどこへ行くのだろう?退官した大学教授リヒャルトは、ベルリンに辿り着いたアフリカ難民に関心を抱く。難民たちとの交流は、次第に彼の日常生活の一部となっていくが…東ドイツの記憶と現代の難民問題を重ね合わせ、それぞれの生を繊細に描き出す。ドイツの実力派による“トーマス・マン賞”受賞作。

著者等紹介

エルペンベック,ジェニー[エルペンベック,ジェニー] [Erpenbeck,Jenny]
1967年ベルリン(当時は東ベルリン)生まれ。1985年に高校を卒業後、二年間の製本職人の見習いを経て、舞台の小道具係や衣装係として働く。1988年から90年にかけて、フンボルト大学で演劇学を学ぶ。1990年からはハンス・アイスラー音楽院でオペラの演出を学び、94年以降、舞台監督としてさまざまなオペラの演出を手がける。同時期に執筆活動を開始し、99年、『年老いた子どもの話』(河出書房新社)で小説家としてデビュー。2015年に発表した『行く、行った、行ってしまった』はベストセラーとなり、翌年度トーマス・マン賞を受賞。これまでに12の言語に翻訳されている。2017年、ドイツ連邦共和国十字小勲章を受章。その他受賞歴多数

浅井晶子[アサイショウコ]
1973年大阪府生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位認定退学。訳書多数。2003年マックス・ダウテンダイ翻訳賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

70
ドイツに来た難民と彼らに関わる退職教官。さまざまな国から来た難民たちの事情は個々に違う。違わないのは、彼らは祖国で普通に暮らしていたのにある日突然武力で追い立てられ、全てを奪われ船に乗せられた、または乗るしか無かった、ということだ。リヒャルトに語られる話は、あまりにも理不尽で、悲惨で、簡単に感想など言えるようなものではない。イタリアやドイツのお国事情も、なかなか厳しい。でも、だからといって、こんなことでいいのか、このままでいいのか。何も知らずに難民を責めるのは、難民たちに対してあまりにも非情ではないのか。2021/10/03

ヘラジカ

68
難民問題の現実を見つめる眼差しが、明確な社会批判という形だけで外側へ向くのではなく、教授自身の内面へと沈潜していく様にこの作品の魅力がある。「鼻持ちならないヨーロッパ人」と紙一重であることを意識的に描いているからこそ、ラストの情景が凪いだ湖面のようにフラットに映るのだ。表層はドイツという国に流れ着いた難民を描いているが、これは境界線と人間性、そして個々人の物語でもある。「どこへ行けばいいかわからないとき、人はどこへ行くのだろう?」読み終えた後も長らくこの問いは胸に響き続けていた。物静かで美しい傑作。2021/07/16

優希

63
トーマス・マン賞受賞作。難民について考えさせられました。大学教授裏リヒャルトとアフリカ難民の交流が日常の一部になっていくことで、それぞれの「生」が鮮やかに見えてきます。どこに行けばいいか分からないとき、どこを彷徨うのでしょう。2021/08/21

はやしま

31
主人公リヒャルトのモノローグのような描写が続き、ドイツが舞台なのに白黒のフランス映画を観ているような読書だった。時折言及される難民たちの肌の色(黒)への言及もそのイメージを強くさせる。しかしリヒャルトの難民たちへの関わりが深くなるにつれてそのイメージの一部に色彩が浮かぶ。難民たちが燃やす炎の色、故郷の思い出の語りの中で出てくる布地の青、リヒャルトと地元の友人たちと難民たちが行きついたところでリヒャルトの過去についてある真実が明るみになり、そこに浮かぶ血の色。それらの色が出てくるまでに語られる各々の過去ー2021/11/03

かもめ通信

27
★★★★★ベルリンを舞台に難民問題を扱った小説なのだが、とても短文ではまとめきれそうにない。これはまさに“打ちのめされるようなすごい本”だった。2021/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17978356

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。