希望のヴァイオリン―ホロコーストを生きぬいた演奏家たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560084786
  • NDC分類 762.8
  • Cコード C0022

出版社内容情報

楽器修理人アムノンの元には、ホロコーストをくぐり抜けた多くの楽器が持ち込まれた。音楽を力に生き延びた有名無名の持ち主の物語。

「これらの楽器は、あの世からの証言なのです。」
 テルアビブの楽器修理人アムノン・ヴァインシュテインは、一族がナチスに全滅させられたことをきっかけに、ホロコーストをくぐりぬけた楽器の修復と再生「希望のヴァイオリン」プロジェクトを立ち上げた。さまざまな人々や遺族・友人が、彼の元に楽器を持ち込んだ。
 それらのヴァイオリンは、あるものはドイツのゲットー内で結成されたユダヤ文化同盟のオーケストラで演奏され、ユダヤ人の強制収容が本格化する直前にパレスチナへ渡った。またあるものは老朽船に定員の3倍から5倍もの難民とともに詰め込まれ、各国間の外交駆け引きのはざまで、約束の地を目前にして地中海からインド洋上までたらい回しにされた。アウシュヴィッツでは、楽器を演奏できることが囚人の生き延びる可能性を高め、ノルウェーでは一挺のヴァイオリンがユダヤ人排斥運動の口実となった。そしてある日出会った楽器は、まさにアムノン自身につながる品だった――。
 メンゲレの誕生日を祝うパーティーで演奏した囚人や、ヴァイオリンの腕前を武器に両親の敵をとった少年など、苦難の時代を楽器とともに生きた演奏家たちの物語。

内容説明

音楽が生きる力、命を救う手段、そして復讐の武器だった時代、ユダヤ人ゲットーで、強制収容所で、パルチザンの部隊で、ヴァイオリンとともに生きた有名無名の演奏家たちがいた。

目次

プロローグ アムノンのヴァイオリン
第1章 「ワーグナー」のヴァイオリン
第2章 エーリヒ・ヴァイニンガーのヴァイオリン
第3章 アウシュヴィッツのヴァイオリン
第4章 オーレ・ブルのヴァイオリン
第5章 ファイヴェル・ヴィーニンガーのヴァイオリン
第6章 モテレ・シュレインのヴァイオリン
エピローグ シモン・クロンゴルトのヴァイオリン

著者等紹介

グライムズ,ジェイムズ・A.[グライムズ,ジェイムズA.] [Grymes,James A.]
アメリカの音楽学者、ノースカロライナ大学シャーロット校教授。フロリダ州立大学でPhDを取得、ハンガリーの作曲家ドホナーニについて、複数の著書がある

宇丹貴代実[ウタンキヨミ]
上智大学法学部国際関係法学科卒業、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

31
映画『命をつなぐバイオリン』では、子どもとは思えぬバイオリンとピアノの腕で神童として騒がれていたユダヤ人のアブラーシャとラリッサが、ヒムラーの誕生祝賀会で完璧な演奏を行えば強制収容所送りを免除することを約束する場面がある。この映画はフィクションだが、本書に書かれた演奏家達は、文字通り演奏と引き換えに自分や家族の命を繋げていた。本書は全六章のエピソードから成る。各章を繋ぐ人物がユダヤ人のアムノン・ヴァインシュテインだ。2016/04/20

breguet4194q

29
ホロコーストで被害のあったヴァイオリンは数千挺。この本に掲載された7挺のヴァイオリンは、奇跡的に持ち主とのエピソードが残っているものです。しかし残念ながら全てがハッピーエンドではありません。また持ち主の辿った時代背景を丁寧に説明してますので、ナチスの残忍さが克明に記されてます。音楽は希望の光になりえますが、その光なしでは生きていけない環境はあってはならないと、改めて実感しました。2021/08/26

はみ

10
“音楽が生きる力、命を救う手段、そして復讐の武器だった時代、ユダヤ人ゲットーで、強制収容所で、パルチザンの部隊で、ヴァイオリンとともに生きた有名無名の演奏家たちがいた。”図書館で目に留まり借りて読了。ユダヤ人迫害・大虐殺(ホロコースト)の事は教科書やメディアを通して知識としては知っていましたが、本として読むのは本書が初めて。音楽が生死を別けるものになっていたことに驚きましたが、ユダヤ人迫害・大虐殺の事実を文章で読む衝撃が強かったです。これはナチスドイツの責任ではなく、全人類の責任だと思いました。2017/04/30

かみーゆ

6
いやースゴいなあ。強制収容所にオーケストラがあって、ユダヤ人も参加してたなんて知らなかった。他のエピソードも想像を超える話ばかりで圧倒されますね。数奇な運命を辿ったバイオリンたちの物語、ぜひご一読を。2017/05/28

lisatread

3
実家図書館新刊。分厚くて字も詰まってたのに不思議と数日で完読。ホロコーストを潜り抜けてきたバイオリンに纏わる実話集。2016/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10170733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。