裁判官の書架

個数:

裁判官の書架

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 09時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560084656
  • NDC分類 019
  • Cコード C0095

出版社内容情報

読書家で知られる前東京高裁裁判長が繙く不思議な20冊。意外な組み合わせと鋭い読み込みが、読者の心地よい知的探究心をくすぐる。

前東京高裁裁判長の読書術

 しかつめらしいイメージのつきまとう裁判官が、ふだんは法律書以外にどんな本を読んでいるのだろうか。前東京高裁の裁判長が、そうした読者の好奇心に応えたのが本書で、約40年にわたる日々の中で、印象に残った20冊の本を紹介していく。
 採り上げられているのは、坂口謹一郎『君知るや名酒泡盛』、司馬遼太郎『愛蘭土紀行』、萩原延壽『遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄』、足立巻一『やちまた』、須賀敦子『コルシア書店の仲間たち』など多種多様。いずれも任地での日々と関連が深く、いうなれば書評を通じての自伝風読み物としての趣もある。
 どれも深い読み込みを基に、裁判官としての日常と対比させながら、作者に敬意を払い、テーマを掘り下げていく態度に共鳴される。
 なかでも、法律の専門家ならではの指摘にはっとさせられることも多い。ジョン・モーティマー『壊れた舟にすがりついて』では英国の法廷弁護士の役割など、日本と異なる裁判制度を具体的に説明したり、カズオ・イシグロ『日の名残り』で、英国の民事裁判制度に言及しながら、戦争に対する貴族社会の反応を述べるあたりは、よくある書評とは異なる新しい発見があって、読書の楽しみをより深化させてくれる。

?T
中野好夫『アラビアのロレンス』
吉田満『戦艦大和ノ最期』
坂口?一郎「君知るや名酒泡盛」
尚順『松山王子尚順遺稿』
ジョン・モーティマー『壊れた舟にすがりついて』
司馬遼太郎『愛蘭土紀行』
萩原延壽『遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄』

?U
足立巻一『やちまた』
杉浦明平『小説渡辺崋山』
子母澤寛『新選組始末記』
カズオ・イシグロ『日の名残り』
須賀敦子『コルシア書店の仲間たち』
藤木久志『雑兵たちの戦場』
千松信也『ぼくは猟師になった』
平山優『検証 長篠合戦』

?V
矢野誠一『落語食譜』
アーザル・ナフィーシー『テヘランでロリータを読む』
渡辺京二『逝きし世の面影』
イアン・マキューアン『甘美なる作戦』
我妻榮『民法講義』

あとがき

【著者紹介】
1950(昭和25)年東京生まれ。1973年早稲田大学法学部卒、同年司法試験合格。1976年東京地裁判事補となり、東京地裁、東京高裁、那覇地家裁、名古屋地裁、大阪地裁の裁判官のほか、司法研修所所付、最高裁調査官、甲府地家裁所長、東京法務局訟務部長、法務省大臣官房訟務総括審議官として勤務。東京地裁と東京高裁で併せて約10年間裁判長を務めた。2015(平成27)年7月東京高裁の裁判長を最後に定年退官。共編著『会社更生法 民事再生法(新・裁判実務大系21巻)』(青林書院)

内容説明

前東京高裁裁判長が著す心惹かれる本との出会い。

目次

1(中野好夫『アラビアのロレンス』;吉田満『戦艦大和ノ最期』;坂口謹一郎「君知るや名酒泡盛」 ほか)
2(足立巻一『やちまた』;杉浦明平『小説渡辺崋山』;子母澤寛『新選組始末記』 ほか)
3(矢野誠一『落語食譜』;アーザル・ナフィーシー『テヘランでロリータを読む』;渡辺京二『逝きし世の面影』 ほか)

著者等紹介

大竹たかし[オオタケタカシ]
1950(昭和25)年東京生まれ。1973年早稲田大学法学部卒、同年司法試験合格。1976年東京地裁判事補となり、東京地裁、東京高裁、那覇地家裁、名古屋地裁、大阪地裁の裁判官のほか、司法研修所所付、最高裁調査官、甲府地家裁所長、東京法務局訟務部長、法務省大臣官房訟務総括審議官として勤務。東京地裁と東京高裁で併せて約10年間裁判長を務めた。2015(平成27)年7月東京高裁の裁判長を最後に定年退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サトシ@朝練ファイト

25
図書館で何気に手に取った本なのだが意外にもいい。作者の読書録と言えばそれまでだが、視線が常に弱者の側に向けられているため。(沖縄の民事、戦国時代の雑兵等) それから裁判官の研修って英国に行くんだ。次作が出れば読みたい。2016/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9868970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。