執事とメイドの裏表―イギリス文化における使用人のイメージ

個数:
  • 電書あり

執事とメイドの裏表―イギリス文化における使用人のイメージ

  • ウェブストアに在庫がございます。受注日から通常3日以内に発送いたします。
    午前10時30分までにご注文の場合、最短で当日の発送となります。
    ※複数冊ご注文の場合や、医学書等一部の商品については、3日以内に発送できない可能性がございます。
    ※まれに、在庫切れや事故等により、納期が遅延したり入手不能となる可能性もございます。予めご了承ください。
    ※お届け先に店舗受取サービス(送料無料)をご指定いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後にご指定下さい。
    お受け取りご希望店舗は現在一部の店舗しかお選びいただけませんが、順次国内全店舗に拡大予定です。(2015年5月現在)
  • この商品は、国内送料無料でお届けします。
  • ※「帯」はお付けできない場合がございます。
  • サイズ B6判/ページ数 244,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560081792
  • NDC分類 366.8
  • 電子版価格 ¥1,620

内容説明

執事は二つの顔を持っている?メイドは玉の輿に乗れるのか?英国社会は歴史的に、使用人にどのようなイメージを持ってきたか、そしてその実像は?日本やアメリカで流布しているイメージとのギャップから英国文化を考える。

目次

第1章 執事―旧約聖書からハリウッド映画まで
第2章 ハウスキーパー―愛しすぎた女性たち
第3章 料理人―「きまぐれ」が歓迎されるポスト
第4章 メイド―玉の輿はありかなしか
第5章 従僕と下男―孔雀の出世
第6章 乳母―影の実力者

著者紹介

新井潤美[アライメグミ]
1990年東京大学大学院博士課程満期退学(比較文学比較文化専攻)。中央大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文学や映画でおなじみ、イギリスの執事やメイドなどの使用人。これらの職種に対する社会的イメージと実情を、19世紀~現代を中心に、文学や諷刺、各種記録から考察する。