ガソリンの臭いのする記憶

ガソリンの臭いのする記憶

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 84p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560045756
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

 おれはあんたたちの中に立ち、目に見えない腕と手を振っている……。エイズと闘いつづけたゲイ・アーティストが、ストリート・チルドレンとして男たちの間を漂い、病に斃れ、死を迎えるまでの凄絶な流亡の日々を追想する、哀しみに満ちた最果ての墓碑銘。ゲイ・アート/ドローイング多数掲載。

内容説明

エイズに斃れたゲイ・アーティストの凄絶な追想。最果てのゲイ・アート・ドローイング多数掲載。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅん

10
椹木野衣『シミュレーショニズム』で紹介されていたアーティストの自伝的散文。父親の虐待、少年期からの男娼、放浪と路上生活。激烈な人生を歩んできた男の露骨な性描写(イラスト含む)はとてつもなく冷め切っていて、そこにはロマンティズムが反転したものとしてのニヒリズムが感じ取れる。「地には音量があり、おれの脳には音量があり、おれはそれを消すことができない」といった内面情景が性描写の間に挿入されると、なんだか頭に電流が流れたような感覚を覚えたりするぞ。2019/03/02

めっちー

0
全体的に一文が長くて、読みずらい文章でした。2012/05/29

てまり

0
リアルな意識の流れ2011/05/15

fuchsia

0
壮絶な愛と、死との対立。エイズに侵され死に行く恋人の描写は凄みがあります。本人もエイズにて死去。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/605136

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。