ミュージアムの思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560038987
  • NDC分類 069.04
  • Cコード C1070

内容説明

ミュージアムとは、美術館、博物館にとどまらない広領域の概念であり、西欧近代のみが創り出しえた全世界の一元化をめざす思想である。本書は新しい視点からミュージアムをとらえ直す刺激的な論考。

目次

序章 ミュージアムとは何か
第1章 コレクションの制度化(コレクション再考;王権と教権;宮廷コレクションの拡大)
第2章 コレクションと帝国理念(世界のカタログ化;政治の視覚化;ユートピアから科学へ)
第3章 ミュージアムの思想(自然の征服;新しい「神殿」の建設;「芸術」の誕生;保存の思想・排除の思想)
終章 ミュージアムの思想の拡がり

著者等紹介

松宮秀治[マツミヤヒデハル]
1941年東京都杉並区に生まれる。早稲田大学第一文学部(ドイツ文学専攻)卒業。同大学院修士課程・博士課程を経て、立命館大学文学部に職を得て現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。