海洋の道―考古学的冒険 (新装復刊)

個数:
  • ポイントキャンペーン

海洋の道―考古学的冒険 (新装復刊)

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月17日 17時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 316p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784560030356
  • NDC分類 209.3
  • Cコード C0025

内容説明

バルサ材の筏コン=ティキ号、葦舟ラー号で漂流実験をこころみ、古代人がたどった大洋航海の足跡と人類移動の可能性をさぐる名著。

目次

第1部 地中海域の文化と古代アメリカの文化の間(初期の人間と大洋;先コロンブス時代にあったと思われる、アメリカから、そしてアメリカへの大洋航海ルート;どちらが正しいのか?―孤立論者か、拡散論者か? ほか)
第2部 古代アメリカ文化とポリネシア文化の間(ポリネシア居住の問題;ポリネシアとメラネシアを発見したスペイン人に対して果たしたインカの報告の役割;バルサ筏―南アメリカの原住民の航海に用いられたグアラ技術に特に留意して ほか)
第3部 太平洋の中継ステーション(ガラパゴス諸島における考古学;ココス島―先スペイン時代におけるインディオ航海の拠点?;イースター島の石像―問題と結果 ほか)

出版社内容情報

バルサ材の筏コン = ティキ号、葦舟ラー号で漂流実験をこころみ、古代人がたどった大洋航海の足跡と人類移動の可能性をさぐる名著。