ラペルーズ世界周航記〈日本近海編〉

ラペルーズ世界周航記〈日本近海編〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 272,/高さ 24X17cm
  • 商品コード 9784560030103
  • NDC分類 290.9

目次

フィリピンより日本海へ
日本の北方の地理学上の空白海域に向かう
ダッタン海峡をを北上し、サハリン(樺太)が島であることを確認、水深が浅く軍艦の通行が不可能であるため南へ引き返す、ダッタン大陸東沿岸の探査と住民との接触
宗谷海峡をヨーロッパ人として初めて通過、千島を経てカムチャッカ半島へ向かう
ペトロ港入港、ロシア人の歓待、報告書を本国へ託送しオーストラリアへ向かう。サモア諸島の惨劇。ボタニー湾到着
遭難したラペルーズ艦隊の捜索

出版社内容情報

 サハリン島の発見者、宗谷海峡の命名者であるラペルーズは、1785年ブレスト港を出帆。南米大陸から太平洋へ出、マカオから日本海を北上、ダッタン海峡に至り、さらに宗谷海峡の探索を終えた後、南太平洋で消息を絶つ。その航海日記から日本近海の部分を訳出し、終章に悲劇的な最期を書き下ろす。