処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 308p/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784560030059
  • NDC分類 292.58
  • Cコード C0225

目次

出発準備
ヒマラヤ
知られざる渓谷
ダウラギリ東氷河
アンナプルナを求めて
作戦会議
ミリスティ・コラ
北西ピーク
アンナプルナ

第2キャンプ
突撃
1950年6月3日
氷雪の割れ目
なだれ
撤退
レテの森
稲田のなかの行軍
ゴラクプール
他のアンナプルナがある

出版社内容情報

 1950年6月、著者を隊長とするフランス遠征隊によって人跡未踏のヒマラヤ8000米級の高峰に最初の足跡が記された。酸素ボンベも使わない果敢な登頂、モンスーン襲来下での悲惨な遁走というきびしい試練を通して尊い友情で結ばれたアルピニストの人間像を描く。