水と原始林のあいだに (新装復刊)

水と原始林のあいだに (新装復刊)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784560028988
  • NDC分類 946
  • Cコード C1023

出版社内容情報

「生命への畏敬」の思想と、救済に捧げた愛の活動がノーベル平和賞などの数々の名誉に浴し、「20世紀最大のヒューマニスト」として敬われているシュヴァイツァー博士.アフリカで献身した医療と伝道の日々――貧窮と困苦と闘う人間の誠実な努力と恩寵を円熟の筆致でつづる感動の記録。他2篇収録。

内容説明

アフリカで献身した医療と伝道の日々―貧窮と困苦と闘う人間の誠実な努力と恩寵を円熟の筆致でつづる感動の記録。他二編収録。

目次

水と原始林のあいだに
生い立ちの記
むかしのコルマルの思い出

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よく読む

1
密林の聖者と呼ばれるシュバイツアーを知ったのは幼いころだが、ようやく著書を読んだ。1910-20年ごろの地獄のような環境のアフリカに驚いた。船はカバに突き上げられ転覆し、日射病になり、カバに足をかじられる。鍵をかけないと金目じゃなくても盗まれる。食人族が出てくる。黒人は仕事をサボる。熱病、睡眠病が日常茶飯事で他にも悲惨さを挙げればきりがない。世界を少しでもよくしようとする姿に、純粋に、かっこいいと思った。自分も理想を捨てずに人のために生きる努力をしてみたい。2020/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1847851

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。